月光(Lyrics)

投稿日:2022/05/30 23:22:07 | 文字数:926文字 | 閲覧数:2,840 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

月光(https://www.youtube.com/watch?v=SaX0By61S3U)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

月光 / はるまきごはん×キタニタツヤ 初音ミク&鏡音リン
BPM109

ガラクタばかりを集めて
ボロ切れひとつを被せた
醜い形をしたレプリカ
誰かが紡いだ言葉を
誰かが奏でた音色を
歪にコラージュした偽物

一番最初はベイルの中
革新的な少年の愛情が
僕ら気付いたらもう見えなくなる
おもちゃを無くした子供が泣いている

どうしてだろう?
あのスポットライトに照らされている
その背中はまたこの手から遠ざかっていく

あなたみたいになれやしなくて
あの月を追いかけるように
渇いた心は満たされないまま
一人になって一人になって
くすんだ夢を見続けてしまった
なぞる僕たちは

ガラクタだって、ボロ切れだって
その心臓が放つ血液には
僕だけの怒りがあった

足りないのなんだったんだろう
神様に聞いてきたあとで
堕天使の弓矢に口止めされた
初めから知っていたんだよ
忘れた芝居をしてんだよ
貰いもんの剣を抱きしめている

何十回目の失望だろう?
いっそ何もかもを捨ててしまいたいと
きっと最後は何も残らない
愛も、紡いだ音も、名前も朽ちていく

どうしてだろう?
この胸の奥にこびり付いている
冬の夜の静寂に似た孤独を

あなたはきっと知りもしないで
一人星を見ていた
赤い目の僕に気も留めないまま
隣に立ったあなたは遠くて
くすんだ夢も見えなくなってしまって
それでも追い続けて

偽物だって、真実(ほんとう)だって
今振り返ればただそこには
ぼやけた記憶があった

廃物と化したアイロニー
クリシェを抜け出したいのに
「また誰かの焼き直し?」
数多の星の屑たち
沈み消えゆくユースタシー
無慈悲な月の光
「アイデンティティさえまやかし?」

「盗んででも愛が欲しい?」

羊のような雲が浮かんだ昼すぎ
懐かしい歌が風に揺れている
あなたの声で教えて貰った言葉
今でも忘れぬように
書き留めてる同じことを

あなたみたいになれやしなくて
あの月を追いかけるように
渇いた心は満たされないまま
時間が経って時間が経って
振り返る時目を逸らさぬように
なぞる僕たちは

ガラクタだって、ボロ切れだって
醒めぬ夢を追っていった先には
僕だけの光が、ずっと

オケと歌詞おいてます / はるまきごはん

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP