i

投稿日:2018/01/01 17:54:34 | 文字数:372文字 | 閲覧数:219 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

曖昧な回路の先 こたえは何処だ
好奇心の波のなか まちがいやしない
音を泳げ 流星群と駆け抜けるのだ

毛布の匂いと夢の温度 迷わないの ふしぎね
夏の風みたい きみは変幻自在
涙、みずいろのうた あまいほどせつない

その声は きみの夜を守る

泣いてもこわれても きみを想う
薔薇を一輪 抱いて眠ろう


雨に透かした想い 指に染めてうたう
まちがわないよ 守るものがあるから
じぶんの色をつらぬくの それは愛のいろ

あたらしいきもちなのに安心する ふしぎさ
秋の風みたい 穏やかなみどりの風
白で溶かした やさしい甘味のうた

その声は 街の夜を灯す

どれだけ変わっても わたしは・きみは ひとつよ
揺るがず こころを鳴らす
気高く ひとつを愛す


旋律は心臓の跳ねる音
しずかに待つ 音楽の応答を

春に陽は射す たのしいほうへ!

cat nap の詞とねこぜを担っています。
ここに載せているものに曲をつけていただける際は、事前にお知らせください。(すでに曲がついている場合があります。)
ついったー@kirin_no_tom

もっと見る

もっと見る

▲TOP