レンリン(学パロ双子設定)

投稿日:2009/01/05 18:19:06 | 文字数:658文字 | 閲覧数:2,255 | カテゴリ:小説

ライセンス:

サイトにのせた夕焼けお題から再うp。
暗くし過ぎた感が否めない…。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

 

【胸がきゅっとなる】(レンリン)



「ずっと一緒にいられたらいいのにね」

夕焼けがまぶしい、学校の屋上。体育座りで膝を抱えたリンが、枯れたような声で呟く。
一緒にいられたらって、誰が?……俺が?

「…それって、いつかはバラバラになるってこと?」

「そうだよ、ずっと一緒にはいられないの」

「ふーん………俺たちとは違うんだな」

「……そうじゃないよ、レン。あたしがいってるのは、リンとレンのこ」

「俺はリンと離れたりしない!」

リンの言葉を聞いていられなくて、思わず怒鳴ってしまう。リンは大きな目を悲しそうに滲ませて、膝を抱えなおした。
(嫌だな……そんな顔、させたいわけじゃないのに)
情けなくて、俺まで泣きそうになった。

「……このまま、一緒にはいられないよ」

「………なんで?」

「リンとレンは、姉弟だもん」

「姉弟だったらなおのことずっと一緒だろ?なんでそんなこというんだよ」

「……無理だよ。だって、リンは、姉弟なのが嫌なの……レンを好きになっちゃったから、」

だから、一緒にはいられないの…

そういって、リンはとうとう泣き出してしまった。ポロポロとこぼれるみたいに溢れ出るリンの涙は綺麗で、なんだかとても苦しくなった。

「……俺も、リンが好きだよ、世界で、一番……誰よりも」

「…………」

「リンが、姉弟が嫌なら……俺も、弟やめる」

「…………レ、」

「だから、」


一緒に、逃げませんか。


どこまでも追いかけてくる、あの優しい優しい夕焼けから。

 

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP