【歌詞】三月の風【初音ミクオリジナル】

投稿日:2019/02/13 22:15:46 | 文字数:687文字 | 閲覧数:62 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ボカロPぴこあん3rd曲の歌詞です!
今回も河田んちょ。様の素敵なイラストと共にお届けします。
新生活を目前にした三月特有の不安感や期待感を曲にしたため、初音ミク氏ののびやかな声で歌って頂きました(*´∀`*)
ぜひ曲の方も聴いて下さいヽ(´ー` )ノ

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

三月の風

帰り道には いつもと同じ
人の群れが列を成し 自然と倣(なら)う
これから先は 歯車として
規則正しい規律(リズム)で
行進(ある)いてくのか

そんなのはゴメンと
全てをかなぐり捨てて
自分らしさとやらを手当たり次第探してみたら
「あなたにはあなたの良さがある」と
撫でてくれた人がいたこと
思い出せた

沸き上がる歓声と
巻き起こる焦燥が
終わりと始まりを隔てたら
その壁の頂(うえ)で
一人ただ静か
春が来るのを待っている

あなたの歌が聴こえた
それはどこか嫋(たお)やかで
三月の雨のように
僕の心に染み渡っていった
煩(わずら)わしいのに優しくて
狂おしいのに穏やかな
三月の空に似た
僕の翳(かげ)りを晴らす声でした
ちょうどこんな感じの歌でした


道の先にも道しかないなら
道から外れたとてそれも道だろう

眩しい陽差しが今
全てを審(つまび)らかにして
凍えそうな心閉ざした誰かの叫びを消し去った
「あなたにはあなたの個性(いろ)がある」と
生きる術を教えてくれた気がしたんだ

あなたの歌が聴こえた
それはどこか儚くて
三月の薄日のように
僕の心を柔く包んでいった
新しいのに懐かしく
冷たいようで温かな
三月の風に似た
僕の背中を押した声でした
ちょうどこんな感じの歌でした

あなたの歌が聴こえた
それはどこか激しくて
三月の嵐のように
僕の心を掻き乱していった
新しいのに懐かしく
冷たいようで温かな
三月の風に似た
僕の背中を押した声でした
ちょうどこんな感じの歌でした

この壁の頂(うえ)で
今はただ静か
春が来るのを待っている

はじめまして。
2019年1月よりボカロ曲の制作を開始しましたぴこあんと申します。
まだまだ未熟者ですが、のんびりマイペースでやっていこうと思っています。

絵を描けないので、こちらで色々とコラボさせて頂けたら幸いです。動画師様も募集中です。

よろしくお願いします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【初音ミク】三月の風【オリジナル】

    by ぴこあんさん

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP