馬の耳に念仏

投稿日:2021/05/16 00:09:15 | 文字数:436文字 | 閲覧数:19 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ああ パドックから見つめている 全て見通す瞳
ああ 見つめ返す 意志疎通など 基本まやかしなのに

ぎゅんと逃げ切って誰かの推し
どんと差し切って誰かの星
誰に何を言われようとも
決して現実だけは見ない

孤独に疲れた者たちが
そうとも気づかず集いだす
命より重いはずの銭
搔き集めては愛に溶かしている

ああ パドックから始まっている 未来溢れるストーリー

たまには掛かって凡走する
馬場が悪くて凡走する
そんな些末な問題なぞ
現実に比して傷にならぬ

冷めた目をした大人たちが
今日に限って熱を帯びる
どこからわいたか知らぬ銭
寄せ集めては愛に燃やしている

ずっといつまでも誰かの夢
じんときちゃって眠れぬ夜
これを現実と呼ばずして
何が私を生かしている

生きる手段と思い込んで
夢を託すために集まる
命より重いはずの銭
命ほど粗末に投げ出す

ぎゅんと逃げ切って誰かの推し
どんと差し切って誰かの星
君に賭ける人がいること
ここにそいつが まさしくそいつがいる

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 馬の耳に念仏

    by 1002pさん

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP