玩具屋カイくんの販売日誌 (285) サナギちゃんは大丈夫 (ささげものの攻防 27)

投稿日:2016/08/31 21:11:20 | 文字数:1,444文字 | 閲覧数:59 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

行き先に、月光企画がからんでいる、と踏んだ駿河ちゃん。ビンゴのようですが...

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

2人は、建物を見ながら、ベンチで話し合った。

「なんとなく、後をつけてきちゃったけど。何でもなかったら、どうしよう」
リンちゃんは、口をとがらせてつぶやく。
「わたしら、ただのストーカーだよね。そうだったら」

駿河ちゃんは、言う。
「でも、私とリンちゃんが2人とも、“何かある”と感じてるんだから...」
「うん」

「サナギと一緒に、ビデオの撮影が終わって、その後、変な目に逢ったんだ」
そう言いながら、リンちゃんは首をかしげる。
「だからって、その会社を疑うことも無いのかも、しれないけどサ」

「うーん」
駿河ちゃんも、首をかしげる。


●震えた“はっちゅーね人形”

サナギちゃんが入っていった古いマンション。しばらく待っても、そこからは誰も出てこない。
リンちゃんは、つぶやいた。
「そういえば、あのプロモ・ビデオ、ちゃんと使ってくれるんだろうなぁ。月光企画さんも」

「その撮影は、全部終わったの?」
彼女はうなずく。
「うん。撮影はうまくいったんだ」

駿河ちゃんは言う。
「まさか、今になってボツにすることって、無いんじゃない?いくら何でも」
「だよね。そこんとこも、サナギに、聞いてみたいんだけど...」

その時。リンちゃんのカバンについている“はっちゅーね人形”が、「ブルッ」と、震えた。
「あっ」
そういって、リンちゃんは人形に手を触れた。

「こいつも、不思議な動き方ばっかり、する」
そう、つぶやいて、撫でてみる。


●不思議な女性が...

すると、2人の後ろに、誰かの気配がした。そして、声がした。
「大丈夫。あのビデオは、ちゃんと使うわよ」

びっくり仰天して、リンちゃんと駿河ちゃんは、振り向いた。
そこに若い女性が1人で、立っていた。

髪の毛をボブ・カット、というよりオカッパのように切りそろえて、赤い服を着ている。
「べ、ベニスズメさん」
リンちゃんは、驚いて目を見張った。

月光企画のビデオ撮影で、つきあってくれた担当の、ベニスズメさんが、そこにいた。
「ごめんなさいね。立ち聞きしたみたいで。でも、大丈夫よ。ビデオの事なら」
そういって、笑う。

目を見張って、立ちつくしている駿河ちゃんに向かって、彼女は言った。
「はじめまして。月光企画の営業部の、紅井すず です。あだ名は、ベニスズメ です」

「はっ、はじめまして。神原といいます」
あわてて、ぺこりと頭を下げる。


●いっしょに、行ってみますか

彼女は、笑って言う。
「2人とも、彼女の後をつけてきたんでしょ。サナギちゃんの」
そのことばに、きまり悪そうに2人は、頭を下げる。

「いいのよ、平気よ。彼女なら今、私たちの会社の部屋にいる」
そういって、マンションの3階の、すみの方を指さした。

「この何日か、また彼女を縛っちゃったからね。心配しても当然よ」
そういって、うなずく。

よくわけがわからずに、リンちゃんと駿河ちゃんは、彼女を見つめる。
「紅井さん、っておっしゃいましたね。あの、今、彼女...サナギちゃんは、何をしてるんですか」
駿河ちゃんは、たずねた。

「いっしょに、彼女のところに今、行ってみますか?」
彼女の言葉に、2人はためらって、顔を見合わせた。
「嫌なら、いいわ。ここで待っていれば、そのうち、サナギちゃんも、出てくると思う」

そして、意外なことを言った。少し声を潜めて。
「ツクヨミ様の力から、彼女、もうじき、解放されるから」(゜ー゜)

雑貨の仕事をしてます。
キャラクター雑貨がらみで、キャラクターも好きです。

音楽も好きですが、好きな曲の初音ミクバージョンを聴いて感心!
ボーカロイドを聴くようになりました。

機会があれば、いろいろ投稿したいと思ってます。
宜しくお願いします。

twitter http://twitter.com/tamaonion

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP