【小説化してみた】 『ポンコツ天使』から『祝ってやる』へと続くお話

投稿日:2010/01/21 23:06:58 | 文字数:140文字 | 閲覧数:14,139 | カテゴリ:小説 | 全7バージョン

ライセンス:

1/21追記

わあぁ、今ごろ気づきましたすみません!
タグ2つも追加して頂いてありがとうございます!
どこのどなたか存じませんが、マジ嬉しいッス!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 



ピノキオPの『ポンコツ天使』と、おにゅうPの『祝ってやる』をつなげて、物語を書いてみました。
6ページもあるので、どうぞお時間のある時に読んで頂ければ幸いです。

素晴らしき作品に、敬意を表して。



……どうでもいいけど、タイトルもうちょっと考えろよ自分…… orz


10周年、本命はこっちです。→https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8589791

本当にロクなこと呟いてませんが、ついったもやってます。
→ http://twitter.com/jikyu310

よろしければ是非に。m(_ _)m

もっと見る

作品へのコメント13

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    ジョン・ピアポントさんですけど、彼自身じゃないけど親類の、ファーストネームの頭文字が同じ人が世界の大企業の名前で残ってるよ。
    JPモルガンのPはピアポントなんだよね。

    2018/12/22 23:54:13 From  9jack

  • userIcon

    ご意見・感想

    こんばんは。
    感動して、何度も拝読させて頂きました。

    別々の楽曲、動画が1つの物語として再構築され、味付けされて、違和感なく読めるのが凄かったです。
    ・ポンコツ天使=地に落ちた天使=ルシファー
    ・『祝ってやる』の不思議な歌詞(呪い→祝い)についての解釈
    ・動画の「般若の面」の小ネタなど(笑)

    作中に「ジングルベル」の作者さんのことがサラッと織り込まれていて、報われたとは言い難い人生だったことに驚きました。
    余談ですが、こうやって物語として得た知識って、印象が強くて簡単に覚えられるんですよね(学校の勉強などで教科書を暗記するのと比べればよくわかりますかね)。

    主人公は飄々として掴みどころがない感じですが、どこか自分の死期について悟っていたようで、切なかったです。
    恵まれているとは言えない境遇にもかかわらず、最期の瞬間まで呪いも妬みも無く、手元を離れて巣立ったボーカロイドを見守り、応援することだけ考えていたんでしょうね…。
    ポンコツルシファー(笑)と幸せになってほしいものです。

    面白いお話をありがとうございました。

    2014/12/24 22:52:38 From  ganzan

  • userIcon

    ご意見・感想

    「祝ってやる」の楽曲を聴いてここにたどり着きました。

    やばい…なんだこれw眼が熱い…涙腺崩壊のタグはまぎれもなく真実だと思いました。こんなに心揺さぶられたのは久々です!「祝ってやる」…こんなに温かい言葉を私たちは普段どれだけ人の為に使えているのだろうと思いました。

    すばらしい作品をありがとうございます!

    2011/01/23 23:50:32 From  八咫烏(梧桐)

  • userIcon

    メッセージのお返し

    お読み頂きありがとうございます!
    原曲様の方から来てもらえたそうで、おにゅうさんにはお世話になりっぱなしです。涙腺崩壊タグも、どなたが付けてくれたのか分かりませんが、ありがたい事だと思います。
    どうも最近のボカロ曲って、どこか倒錯的というか、「苦しそう」な曲が流行ってますよね。もっと心温まる曲が増えれば良いのにと思います。おにゅうさん早く新曲出してーw

    わざわざコメント下さり、ありがとうございました!

    2011/01/24 22:23:40 時給310円

  • userIcon

    ご意見・感想

     こんばんは。むしろ新年明けましておめでとうございます。秋徒です。
     本当は、『この小説をきっかけに聴きに行きました~』と告げるのが最大の誉め言葉だと理解しているのですが…まだ聴けてませんスミマセン!(ジャンピング土下座) 時間ができれば必ず『gravity=reality』も『ポンコツ天使』も『祝ってやる』も聴かせていただきます!

     今回はミクに似た天使と誠実で優しい青年の組み合わせで、ボカロ&男の人かボカロな普段とは趣向を変えてあるなぁと思いました。あとクリスマスソングの由縁も知らなかったのでビックリです。よく調べていらっしゃる^^

     最近は更新が速いようで、次が楽しみです^^ でも無理はなさらずに、自分の納得のいくさくひんを仕上げてください。
     それでは、今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

    2010/01/02 02:15:07 From  秋徒

  • userIcon

    メッセージのお返し

    うわわ、「あけましておめでとうございます」言いに行っただけなのに、わざわざ感想頂いちゃってすみません。受験生に時間取らせるなんて、ホントに忍びねぇ……どうもありがとうございます!
    ジョン・ピアポントの逸話は、僕も初めて知った時は感動しまして。「いつかクリスマスの話を書く時があったら使いたいな」と、ずっと思っていました。この人より全然ぬるい人生送ってるくせに、リア充爆発しろとか言ってる場合じゃねーなーと、俺反省ですw

    更新速度ですねー、速いですよねー。僕からするとありえない速さです。それだけこの2曲から授かったインスピレーションが強烈だったわけで、ホントにありがたい事です。
    速度にかまけて雑にならないよう、注意しながらこれからも書いて行きたいと思います。
    では改めて、今年もよろしくお願いします!

    2010/01/03 07:48:30 時給310円

もっとみる(13)

もっと見る

▲TOP