コバルトブルーを叩き潰したような笑みで歌詞

投稿日:2014/04/09 01:31:09 | 文字数:505文字 | 閲覧数:1,433 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

コバルトブルーを叩き潰したような笑みでの歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

コバルトブルーを叩き潰したような笑みで


地上を這う人間の煩悩を全部詰め込んだような
蜷局が渦巻いた君と僕の狭間で
ぐらり揺れる太陽光、奇怪をどう解こうか
水分が足りないと訴えている頭ん中で

ランルラリラいびつに拉げた顔で見ないで
深い深い青の飛び散る様
ランルラリラ鼓膜を震わす君の戯言
淡い世界を染め上げる飛行船なんだ

地上を這う人間に永遠のように見せかけた
変わらないはずの夕景は境目すらもう曖昧で
未来という風来坊、そっと不変の有無を問う
そのパラサイト願望に抗いながら

ランルラリラ惨めに歪んだ僕を見ないで
浅い浅い声で吐き出す様
ランルラリラ孤独に震える僕を見ないで
淡い世界はこのままでいいの

ランルラリラいびつに拉げた顔で見ないで
深い深い青の飛び散る様
ランルラリラ鼓膜を震わす君の戯言
淡い世界を染め上げる飛行船なんだ

ランルラリラ溢れそうな群青のひしめく空が
弱い弱い僕には重くても
ランルラリラ幽かに聞こえる君の息吹の
揺らす世界が震えていたから

ランルラリラ無邪気な幼気な目で見ないで
深い深い愛を振りまく様
ランルラリラ大地を震わす君の戯言
暗い世界を照らしているのさ

(プロフィールはありません)

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP