カイトと子犬物語 2章【そして狂気は動きだす】

投稿日:2009/01/21 16:53:52 | 文字数:120文字 | 閲覧数:338 | カテゴリ:小説 | 全3バージョン

ライセンス:

1章から読んでくれる心優しい方はまずこちらから→『カイトと子犬物語 1章【全ては些細な軋みから】』http://piapro.jp/content/x0kigorjgh4b2f3u
問題があればご報告ください。『前バージョン』で本編です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

 この先、コメディですがマニアックな過激表現があります。危険なキーワードは『 首輪 』です。
苦手な方は『戻る』を、
 「承知してます」「チャレンジ精神!」という方は、『前バージョン』をクリックしてください。

2章【そして狂気は動きだす】

比較的一般的な高校生。あ、アイコンはアイスwithマフラー(自作)です。
某動画でボーカロイドの存在を知り、刹那に落ちた単純な人。我慢の限界を越えてKAITOを購入したものの、システムエラーに引っかかりいまだに起動できない駄目な人。

小説で細々と活動中。ご意見書いてくれると嬉しいです。

もっと見る

作品へのコメント2

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    時給310円さんへ
     は、速いっ!メッセージありがとうございます!
     この前のムス〇大佐が気に入ったので、捩じ込んでみましたwその為の戯章と言っても過言ではない(爆
     予想以上にマオを気に入っていただきありがたいです(T_T)だけど優希の性格がアレなので、春は遠いw頑張れマオ。作者にはどうしようもない!(他力本願?!

     次回も応援お願いしますm(_ _)mありがとうございました!

     後から気づいたのですが、マオの台詞の『娘の彼女』は間違いです。『娘の彼氏』が正しかったですね…orz編集の方法が分かりません;;


    2009/01/22 22:04:59 From  秋徒

  • userIcon

    ご意見・感想

    お、新作発見w
    こんばんは秋徒さん、読ませて頂きました。
    とりあえず言える事は……バルスGJ。なるほど、食らった奴がム○カになるんだ! これいい、俺もいつか誰かに使ってみy(強制終了)。
    マオはやっぱり良い味出してますな、登場のセリフからして良かったです。良いこと言ってる様でいて、結局変態(かつ犯罪者)なところが素晴らしい。気持ちは思いっきり一方通行の様ですが、これからも頑張ってほしいものです。
    今回も面白かったです、またよろしくです。
     

    2009/01/21 22:09:53 From  時給310円

オススメ作品10/19

もっと見る

▲TOP