風 信

投稿日:2019/01/06 23:14:27 | 文字数:651文字 | 閲覧数:177 | カテゴリ:歌詞 | 全3バージョン

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

https://piapro.jp/t/ecoY への投稿作品です。

風信 → 風の様子、風模様、風向き

1/6 1字修正しました。
 風は吹き抜けてゆくよ → 風が吹き抜けてゆくよ

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

    風 信

002
もしも明日悲しい事しかなくとも
吹き抜ける風は変わらないだろ(う)と

020
古いベランダ カーテン越し 皺(しわ)にまみれた
笑顔を浮かべては 天気予報みたいに語る人 記憶(メモリー)

041
子どもの頃は晴れやかに
少女の頃は密(ひそ)やかに
浮かぶ雲を眺めては 幸せな夢を見てた

102
訪れる哀しみと平凡な日々を
受け止める度に大人になってゆく

120
立ち上がる事 覚えて 見上げた空に
痛みを感じては 瞬(まばた)いてた 
あの日はにわか雨 記憶(メモリー)

141
風が吹き抜けてゆくよ
停(とど)まる事を知らぬよ(う)に
変わりゆく時を渡る 小舟(ふね)の帆を強く 押して


     * * *

002
もしもあした かなしいことしかなくとも
ふきぬけるかぜわ かわらないだろぉと

020
ふるいベランダ カーテンごし シワにまみれた
えがおをうかべてわ てんきよほおみたいにかたるひと メモリー

041
こどものころわ はれやかに
しょうじょのころわ ひそやかに
うかぶくもをながめてわ しあわせなゆめをみてた

102
おとずれるかなしみと へいぼんなひびを
うけとめるたびにオトナになってゆく

120
たちあがること おぼえて みあげたそらに
いたみをかんじてわ まばたいてた
あのひはにわかあめ メモリー

141
かぜがふきぬけてゆくよ
とどまることをしらぬよに
かわりゆくときをわたる ふねのほをつよく おして

歌詞と動画作成を主にやってます。
関わった作品はコチラ。
http://www.nicovideo.jp/mylist/23003007
イラストは必要に応じて。
ニーズありましたら声をお掛けください。
ただし実生活が多忙な為お受けできるかは状況によります。
その際はご容赦くださいまし。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP