papillon

投稿日:2015/01/19 19:47:28 | 文字数:444文字 | 閲覧数:284 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ああ書いてしまいました...!!
なんという意志の弱さ.
息抜きとして許してください.




飴色蝶々とキレイな蝶々

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

1A
汚してすぐに 渇いておちた
赤い目をこすって見つめた

悪い予感が 心をなでた
魔法みたいにきらきらしてた

1B
飴色の羽を透かしてみれば
ハートのランプが消える

1S
あの子のフリして
ごまかせたなら
ずっと君の背中に
寄りかかって夢を見たの

昨日が今日まで
昨日だったなら
待ってと言えないまま
サヨナラしない


1A
汚れた服を 洗って捨てた
背伸びをしたらまた痛んだ

心を突いた 真昼の星が
笑ったようにふわふわ揺れる

2B
飴色の羽をちぎって見せた
ハートのランプは落ちる

2C
あの子のフリして
ごまかせたなら
ずっと君の小指を
握りしめて夢を見たの

明日がも(う)一度
昨日になったら
待ってと言えるのかも
ねえ、分からない


C
もう隠せない
あの子のことも
わたしのことも
きらきら光る


S
知らない顔して
ごまかせたなら
きっとこんな苦しい
気持ちなんて知らなかった

昨日が今日まで
昨日だったとき
待ってと言えていれば
かわっていたの?

作詞をしています。

[Twitter] http://twitter.com/pierce1228/
よかったら気軽にフォローお願いします。

作詞依頼はいつでも受け付けているので気軽にお声かけください。作品を使用する際には、作品の説明文orタグに「曲募集」とあるかどうか確認お願いします。

現在アイコン⇒自作
他素敵アイコン⇒ざわし様/はさみ様/souonn様/たまごぱん様

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

  • Papillon

    by creamcheese mkⅡさん

もっと見る

▲TOP