カイトと子犬物語 4章【優しさは人を狂わせて】

投稿日:2009/03/26 01:55:53 | 文字数:119文字 | 閲覧数:226 | カテゴリ:小説 | 全2バージョン

ライセンス:

今回も読んでくださると多謝です。
問題があればメッセージを下さい。

前回までのお話。
→『カイトと子犬物語 1章【全ては些細な軋みから】』http://piapro.jp/content/x0kigorjgh4b2f3u
→『カイトと子犬物語 2章【そして狂気は動きだす】』http://piapro.jp/content/aphtiftwgi4vre0n
『カイトと子犬物語 3章【Escape】』http://piapro.jp/content/bg0evgclu5h0zypk

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

 この先、コメディですがマニアックな過激表現があります。危険なキーワードは『 首輪 』です。
苦手な方は『戻る』を、
 「前の読んだ」、「ばっちこい!」という方は『前バージョン』をクリックしてください。

4章【優しさは人を狂わせて】

比較的一般的な高校生。あ、アイコンはアイスwithマフラー(自作)です。
某動画でボーカロイドの存在を知り、刹那に落ちた単純な人。我慢の限界を越えてKAITOを購入したものの、システムエラーに引っかかりいまだに起動できない駄目な人。

小説で細々と活動中。ご意見書いてくれると嬉しいです。

もっと見る

作品へのコメント2

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    時給310円さんへ
     こんにちは!時給310円さんには、毎回メッセージを貰ってお世話になってますm(_ _)m
     今回は兄さんと優希の絆を意識してみました。次回では、優希の怒っている理由が判明します^^
     それとオリ曲ですが…まだ優希が口ずさんでいた部分だけだったりします; 最初は「核融合炉にっさー♪」と歌っていたので、流石に駄目だろうと思い急遽作りました(・ω・`;)もし歌詞が完成したらUPするかもしれません。
     長文失礼しました。それでは、最終回まで応援お願いします!

    2009/03/28 15:26:52 From  秋徒

  • userIcon

    ご意見・感想

    こんばんはです、秋徒さん。少々遅刻してしまいましたが、読ませて頂きました。
    いや~……シリアスな展開ですね。もともと「カイトに首輪をつけさせる」ってネタで始まったはずなのに、それがなんでこんなシリアスな展開になってるんだか。しかもそのシリアスが妙に上手いから困る。まったく何という文才の無駄遣いw

    さてさて、ともかくにも気になる展開になってまいりました。
    レンの目には「機嫌が良い」ように見えた優希を、カイトは「怒っている」と見抜いた。2人の絆の深さが垣間見える一幕ですね。果たして優希が怒っているその理由とは? カイトに分からないのに、僕に分かるはずありません。けっきょくカイトは首輪をつけてしまうのか? それこそ僕なんかに分かるはずありません。そして最後に窓ガラスを蹴破って乱入してきたのは誰なのか!? ……って、さすがにこれは僕でも分かるw このタイミングで、こんな派手な登場の仕方で、現れるのは奴しか居ねぇww

    あと、冒頭で優希が歌ってたのって、秋徒さんのオリ曲だったんですか!
    すげー、まじスゲー。文章オンリーの自分には、もはや人外の領域です。完成の暁には、ピアプロにUPされるんですよね、ねっ!? これは楽しみだw

    なんか長文になってしまったので、今回は批評はお休みということで。いえ、決してツッコミ所が見つからなかったからじゃないですよ?(汗)
    面白かったです。いよいよ最終回、がんばって下さい!

    2009/03/27 23:50:26 From  時給310円

オススメ作品10/18

もっと見る

▲TOP