無関心少女

投稿日:2014/04/20 10:02:55 | 文字数:658文字 | 閲覧数:113 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

歌詞をつくってみました。
よけれ読んでいってほしいです。
曲もつけてくだされは…>_<…
コラボにシリーズ化したいと書いていたのはこの歌詞になります。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

歌詞

誤魔化すのが嫌いであった
表に出さないのは得意であった
嘘つきは嫌いである
人に合わせるのは不得意である

一体私はなにがしたい
矛盾している気がした
都合悪い事は忘れていたいの
私は支離滅裂愚か者

うるさい世界からの脱出がしたいのである
煩わしい事は全部捨てたいんだ
騒がしいお仲間なんて不必要である
厭うべきは誰なのだろうかと
諦めて壊す

口煩い君に

うるさい君なんて、大っ嫌いなのである
煩わしいだけの天敵なのである
騒がしいお仲間の方がまだましだった
厭うべきは君である

もう、こっちこないで

ひとりぼっちは悲しいんだ
きみはわかったような顔であって
なにも解していない癖に
悲しい顔をするのである
鋭利に愚鈍な

あたたかいきみは

静かな世界を愛しているのである
静寂が心地いいのだから
おとなしい君をふりほどけなくて
厭うべきは君である

他のなんでもなく
他人におし殺された人がいた
あの人は最後まで見返りがなくても優しい笑顔

自分だけ幸せになることに慄然としてしまうのはきっと
あの人をひきずっているからで

意味がないのは解しているの

それでもいいなんて言わないで
「君がそばに居てくれたらうれしいよ」
言わないで

あたたかな誰かのそばにいたい

ぬくもりはきっと必要なのである
喧騒は存外厭わしくなく
静かに笑う君が

きっと

誰かにそばにいて欲しかったのである
あの人はもういないけど
きっと笑っているはずだ

誤魔化してでも嘘をついてでも
表情を取り戻して見せよう

はるさんに、素敵なサムネかいていただきました!

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP