ねぇ、だれ?

投稿日:2013/02/07 18:49:34 | 文字数:344文字 | 閲覧数:35 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:



僕の想いを無下にしたのは。


君?

それとも―――――――――――…






僕?

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 



君に向けられる戯言なんて

気にしてなかった。

だって君の輝きは本物だからさ、

でも君がいなくなってしまう事実

君の口、音になって。




なんでかな、なんでかな、ナンデカナ。

いやだよ、いなくなんないで。



でも君の決意は、強すぎて。

僕が言ったって、あいつが言ったって、

世界が言ったって、


君はどうせいなくなる、。


その時に君の愛、僕の中、消えてった。



あんなイヤって思ってたのに、

実際なったら消えってった。




もういいや、もういいや、モウイイヤ。

いいから、どっかいってよ。



僕の想いを無下にして

消えてった君なんて知らない。

さっさといなくなっちゃえ。







本当に無下にしてたのは



僕だとは気付かずに。

主にテキスト(歌詞・小説)を書いてます。

最近はイラストも。

ペンタブはデビューしたけどね!


歌詞はですね、切ない系が多いかな。

それは単に私が愛に飢えて(ry


作曲の力無いので

書いた歌詞全て音源募集です。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP