【IA】白銀の雪【オリジナル】(歌詞)

投稿日:2019/06/14 21:02:59 | 文字数:412文字 | 閲覧数:45 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

https://piapro.jp/t/0AvZの歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

冬にしては温かい陽射しの下で
二人いつもの場所で笑い合った
懐かしい日の記憶

君の笑顔守りたくて
いつも笑っていた
寂しくても悲しかろうと
強がっていたこと
バレバレだったかな

ああ 刻は流れ
迫り来る別れの刻
君は言った手を取り僕に
ありがとう、と

空が零した涙は
白く凍りつき
ふわり舞い降り
二人の肩をその白さで
優しく包む

冬の風は冷たくて身体を丸めて耐え
一人いつもの場所がただ悲しく
震えを堪えていた

君の笑顔守りたくて
いつも笑っていた
今ではもう笑い方など
忘れてしまったよ
君がいないから

思い出あの日
迫り来る別れの刻
いつまでも二人寄り添う
冬の日の

空が零した涙は
白く凍りつき
風に流れて
僕の視界をその白さで
染め上げてゆく

白銀の雪抱きしめて
君との思い出凍らせていく
色褪せぬよう
そして白銀の雪閉じ込めて
二人の思い出大事に抱え
空の涙が凍りついて
優しく積もる

さよなら

2018/05/26 ボカロP始めました。
購入時はさっぱり使い方が分からず、放置してしまったIAもようやく少し扱えるようになってきた……気がします……。

3週間に1曲のペースで投稿中!
徐々にクオリティは上がっていく……はず……!

TwitterID:@Kluele_music

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【IA】白銀の雪【オリジナル】

    by Kluele373さん

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP