黄昏空に架かる虹(歌詞)

投稿日:2021/06/23 14:31:14 | 文字数:710文字 | 閲覧数:26 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

『黄昏空に架かる虹』の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

雨が降り続ける空の下で 傘も差さずうつむくキミ
ほらあと少しだけ 前を向いて歩こうよ

上手く行かないことばかりあったとしても
時にはつらく悲しいことがあるとしても
奇跡なんてそんなものがある訳ないことを
信じていないのなんて生きづらいだけでしょ?

私の目に映った キミは消えてしまいそうだから
焦らないでいいよ 一歩ずつ前へと進んでいこう
たとえ遠回りでもゴールには近付いているから
もう一度あの青空を キミと見れるその日をずっと待ってるよ

生きていれば高い壁に 阻まれることもあるから
ほらあと少しだけ 自分のこと信じてみようよ
暗い気持ち棄てて 立ち向かっていってほしいよ

暗い顔のキミなんてさ 見たくはないの
だからキミへのエールを送ってあげるから
キミと視線が重なって 瞳に映るのは
雨でよく見えないけど それはきっと涙

冷たい雨の中で 寄り添った二つの影だけは
どんなところよりも暖かい時間が拡がったんだ
私ができることはこれくらいしかないんだけれど
キミの笑顔を見れるなら
何度でも全部受け止めてあげるから

理想の未来地図なんて最初からないのだからさ
ほらあと少しだけ 希望を保(も)ち続けてみようよ
いつか花が開く時が必ず来るのだから

この曲はキミに贈る応援歌なんだから
苦しくつらい時には
私を思い出してほしいの

降り続いた雨が止んで
黄昏に虹が架かるよ
ほらあと少しだけ
隣に居てほしいんだ

前に進むキミの姿 とてもかっこいいのだから
ほらあと少しだけ 視線を前に向けてみようよ
夕暮れの景色を一緒に見れて幸せだから
明日は晴れるといいねなんて笑いながら
夢の世界にさようならったった

虹空紫音です。
ボカロ曲作ってます。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 黄昏空に架かる虹

    by 虹空紫音さん

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP