見えない空の下で

投稿日:2018/04/24 14:24:19 | 文字数:481文字 | 閲覧数:40 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A1-1
ただ流されてく 悲しいね日々の数だけ
輝くひと達が  もっと切なくさせてく

A1-2
そんなにしょげた顔で 見つめないで悪いの私
やっと手にした君を 私一人にした

B1
笑って涙し触れた頃  今突然こころに浮かぶよ
1年、10年、100年 届けおもい

C1
この道を行くのは  君だけじゃない
その手を差し伸べて いつでも向かうよ
ただすぐにおもいは 消されはせずに
見えない空の下で  ほら共に行くよ


A2-1
時間さえ経てば 残こらず消されて行くと
思い込んでた頃 きっと悲しませている

A2-2
例えば今こんなことを 話しったって言い訳になり
何もなく1年過ぎて  今ここに ふといる

B2
愛を確かめ合えるのなら 優しく触れたい君の手を
いままで話した     嘘の数だけ

C2
この道を作ろう   1人だけじゃない
一歩ずつ踏み出せば いつかはたどり着く
ただすぐにスタート できなくていい
暗い道でも少しづつ 共に行こう

※C1 リピート

D1
Huu...走りだせほら 涙なんて
そのまま流せばいい

※C2 リピート

音楽歴は長いですが、ボカロ音楽の制作は始めたばかりです。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP