あたたかいあかり

投稿日:2015/03/27 18:54:41 | 文字数:471文字 | 閲覧数:109 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

16作目の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

時の流れは平等に 命の灯火は光り
永遠に輝く事は 無いのだとわかった
変わり映えしない毎日 それでも何かを探して
変わろうとしても変えられずに ふと空を仰いでた  

想像してた未来とか当る訳じゃないけれど
なんとなくその時はくる気がしていた

音もなく風が去る様に輝きが失せ始め
消えかけてく君へ最後にありがとう
頬に触れた雪は溶け涙となって滴り
面影だけが残ってるあたたかいあかり

瞳に映る赤い焔 僕の悲しみを照らして
心の奥にまで燈った ささやかな希望が点く

柔らかい温もりも肌に残る傷跡も
忘れられないほど刻まれた思い出と

揺らめく切なさの中で 巡る懐かしい景色
埃にまみれた記憶のドアを開けて
寒空に解き放たれてく色褪せた物語
冷えた身体に寄り添うあたたかいあかり

偽りの優しさにこのまま抱かれていたいよ
すぐに解けそうな夢から醒めないでほしい

朝霧に映る幻をはらう夜明けの光
だからこそ昨日までの僕にさようなら
頬に触れた雪は溶け涙となって滴り
面影だけが残ってるあたたかいあかり

彼方の君に捧げる「あたたかいあかり」

はじめまして、ユキハタと申します。
作詞、曲を中心に活動しています。
現在はピアプロとニコニコに楽曲を投稿しております。

楽曲にイラストを描いていただける方は気軽にメッセージを送ってください。
なお、断る場合もあるのでご了承ください。

twitter→ https://twitter.com/yuki_flag
ニコニコ→ http://www.nicovideo.jp/user/39550416

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【初音ミクV3】 あたたかいあかり 【オリジナル】

    by ユキハタさん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP