摩天楼

投稿日:2020/05/13 06:56:31 | 文字数:283文字 | 閲覧数:185 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

身を焦がすそれは摩天楼
愛も嘘もルージュで溶かして
夢を答うそれは道しるべ
このまま連れ出して

淡い水彩の空に
一粒の雫を落として
君ばかりの背を追いかけて
ここまで来たんだ

敵愾心感じていた(想い)
はいつか慈愛と変化していって
君が目を追っている誰かが
僕じゃない事に苛立って

そのまま mesmo chorando por você
(貴方の為に泣いても)

僕ら漕いでるただ前ばかり
戻れない過去をただ否めいまま
僕は泣いてる君を想って
このまま泥酔したように夢見るの

君は想う?それは摩天楼?
名もないあの日の記憶に 今...

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/21

もっと見る

▲TOP