月が死んだ日

投稿日:2018/10/31 17:19:02 | 文字数:857文字 | 閲覧数:61 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

 月とハレー彗星がぶつかったら偉いことになるだろうというのは分かり切ってますが書いてみたくなったので書きました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

Aその日は何の変哲もない日だった
 ふと空を見あげればハレー彗星
 珍しいこともあるもんだなと視線を戻せば
 閃光 鳴り響く轟音 爆発音
 白く見えた月はその形を変えていた

S砕けた月とハレー彗星
 逃げ惑う僕達を嗤う様に降り注ぐ
 今までの仕返しだと言うばかりに
 喚き出した民衆は 押しつぶされて
 あとに残ったのは肉の塊だった

B月が死んだ日から世界は変わってく
 失ったモノを探し求める人
 今も悪い夢なんだと死に急ぐ人々
 鮮紅 光り輝く刃 切り裂いて
 穢れなき手はその手を血に染めて言ったよ

S暴れ出す壊れた月の欠片
 逃げ惑う僕達を嗤う様に降り注ぐ
 今までの仕返しだと言うばかりに
 逃げ出した民衆は 切り刻まれて
 あとに残ったのは肉の塊だった

 ハレー彗星はいう
 「月さん、復讐はどうだったかい?」
 呟くと離れていった

全文ひらがなver

Aそのひはなんのへんてつもないひだった
 ふとそらをみあげればハレーすいせい
 めずらしいこともあるもんだなとしせんをもどせば
 せんこう なりひびくごうおん ばくはつおん
 しろくみえたつきはそのかたちをかえた

Sくだけたつきとハレーすいせい
 にげまどうぼくたちをわらうようにふりそそぐ
 いままでのしかえしだというばかりに
 わめきだしたみんしゅうは おしつぶされて
 あとにのこったのはにくのかたまりだった

Bつきがしんだひからせかいはかわってく
 うしなったモノをさがしもとめるひと
 いまもわるいゆめなんだとしにいそぐひとびと
 せんこう ひかりかがやくやいば きりさいて
 けがれなきてはそのてをちにそめていったよ

Sあばれだすこわれたつきのかけら
 にげまどうぼくたちをわらうようにふりそそぐ
 いままでのしかえしだというばかりに
 にげだしたみんしゅうは きりきざまれて
 あとにのこったのはにくのかたまりだった

 ハレーすいせいはいう
 「つきさん、ふくしゅうはどうだったかい?」
 つぶやくとはなれていった

 言葉の楽園、なろう、ツクール、ハーメルン、pixiv、piaproに『Sillver』のハンドルで活動してます。アイコン設定出来る所はTwitterのヘッダー使ってる事多いです。
 おおよそ、言葉に関連する事は色々やってみたい人です。
 ただ、頑張って色々やってみたのですがどうにも作曲能力は無いようです。無念……。
連絡先 Twitter @844eb288e92145e

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP