落日の朱

投稿日:2014/10/06 01:19:08 | 文字数:348文字 | 閲覧数:338 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

風に誘われ想い辿って
茜に染まる追想の儚い花

夕映えに浮かぶその姿は
過ぎ去った時間を仄かに彩る
独り佇む私の傍で
もう一度だけ見せて、微笑むあなたを

さよならさえ伝えられず
目を閉じたあなたをただ抱きしめた
ひび割れそうな心繋いだもの
今も胸に仕舞って


憶えてますか?眩しい日でした
二人がここで誓ったこと、約束の場所 

今日と同じように見た景色は
眩暈覚えるくらいに綺麗で
あなたの横顔朱く染めた
淡い光は今も、ただそのままで…


解いてもいいの?涙と心を繋いだ糸
影に落ちて滲む惜別の色 止まらないの


さよならさえ伝えられず
旅立つあなたをただ抱きしめた
手に残った温もりが今も、ずっと

涙で霞む茜色 ゆらり揺れて包まれてゆく
ねぇお願い 色褪せないでいて
せめて 今だけ

猫が好きです。
御用のある方はtwitterでDM又はリプライいただけるとこちらよりは早く気がつくと思うので...何卒宜しくお願いいたします。

Twitter https://twitter.com/kalic21

ニコニコ http://www.nicovideo.jp/my/mylist/#/35921697

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP