流落パラノイア

投稿日:2010/05/30 13:34:09 | 文字数:583文字 | 閲覧数:57 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

流れ落ちて病んでいく、片想いの恋

-----------------------------------------

扁桃腺熱に浮かされながらかいてみた(○д○;;;;)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

[A1]
解ってた事
気づかないフリ
心の奥 鍵を掛けて
見ない振りしてたけど

嘘をつく事
痛みも感じず
作り笑い 吐き気がする
『オマエハダレダ』

[B1]
赤く灯るシグナルに
自分のココロ揺れる
神様 こんな毎日を
変えられるのなら
僕は
何だってするから

[S1]
落ちて
流落パラノイア
スパイラルな片思い
偏っていく感情に
バランスさえ失って

叫ぶ
流落パラノイア
コントロールは不可能
遮っていく視界の
中に落ちる闇

[--間奏--]

[A2]
遠くで見てる
それでよかった
自分だけのネガイゴトで
済ませていれば それで

冷たい記憶
痛み感じない
斜め上の 空を見上げ
『モウキエテシマエ』

[B2]
警報機の鳴る音が
耳の奥で喚いて
神様 こんな毎日が
続いていくなら
僕は
何を信じたら

[S2]
落ちる
流落パラノイア
渦巻くのは誰の声
曇っていく表情に
病んでいくだけの恋

滲む
流落パラノイア
こんな筈じゃなかったのに
さざめいている風音の
中に消える歌


[S_rep]

落ちろ
流れてパラノイア
僕はもう
このままでいい

キミが
ココに居ないのなら

落ちて
流落パラノイア
スパイラルな片思い
偏っていく感情に
バランスさえ失って

叫ぶ
流落パラノイア
コントロールは不可能
遮っていく視界の
中に落ちる闇

たまに歌詞書きなどしようかと
レンさん推奨がデフォルト値です
歌詞は妄想がはじけた時に、何となーく書いてみてます

*たまにつぶやき*
http://twitter.com/lazyvery

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP