巡恋

投稿日:2009/03/05 01:38:55 | 文字数:435文字 | 閲覧数:50 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

初めて作ったのでつたないのですが…(涙)
何かあればお言葉を下さると幸いです。…精進します…。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

一つ一つ思い出す 果て無き記憶の燐片
崩れぬよう壊れぬよう そっと掌で掬う

もうここには居ない 貴方を探す私は
目隠し闇の迷宮の中 囚われたままで

ねぇ手を伸ばしても 触れるのは八重の香りばかり
そう花の色は行方も知らぬ埋まらない傷痕


愛しさから欲望を取り除く事ができるのならば
こんな風に枯れ果てた涙を流す事もないのに
苦しみに何を蔽い被せれば
優しさへと変える事が出来るの?




懐かしい貴方の声が 脳裏に響く
甘く誘うように 私を眠らせる

閉じた瞳の奥には 微笑む貴方が映り
ひらひら舞う蝶の羽根になって消えた

光を逝くその背中まだ見ぬ終わりの地へ
ひとひらずつ昇る貴方の腕に縋りたい
もう少しだけ欠けて行く月が消えるまで
嗚呼貴方の温もりに抱かれていたい



願いも望みも 儚き人の幻想
醒めれば全ては唯の迷事

戻れはしない 時計の針に押されて
流される人の命はいつまでも 繰り返し 続いて逝く


もう一度あなたの音に 巡り逢えますように

放浪しつつ好き勝手。
名前が変わりました。

枷音で『カイン』と読みます。

宜しくお願いいたしまする~。

もっと見る

作品へのコメント2

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    その他

    >とりい様
    こんにちは!って!はぁっ!!!そ、そんな前からブクマしてくださっていたのですか…!!
    ありがとうございます!!感謝です!!
    実は題名をつけるのが苦手で、いつまでも『題名思考中…』のままじゃ格好が付かない…と思い、
    微妙な題名が付いてます…ネーミングセンスがなくて申し訳ないです…orz

    八重の香りというのは、自分としては、
    『幾重にも重なって鼻腔を侵す花の香り』というイメージです。
    えぇと…ここで言うと、届かない彼との積み重なった沢山の思い出の記憶…という感じですかね…?
    それをこうビブラートに…じゃなくて、オブラートに包んで、ぼやかせて、
    『八重の香り』としております。もちろん、桜の香り、という意味でも素敵ですね!!

    素敵と言っていただけて幸いです…!!ありがとうございます!感謝感謝です…!
    またお目に留まるような物が書けるように、これからもがんばります!

    2009/04/01 13:21:12 From  枷音

  • userIcon

    ご意見・感想

    実は「題名思考中…」の頃からこっそりとブクマさせていただいていました。
    いつのまにかタイトルがついている!
    八重の香りってなんだろう。桜…でしょうか?
    大人っぽい、儚げなイメージで素敵です。

    2009/04/01 12:49:31 From  とりい

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP