ジングルベルと星屑の歌

投稿日:2010/12/01 03:35:33 | 文字数:402文字 | 閲覧数:543 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ジングルベルと星屑の歌の歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ジングルベル
響く鐘の音が終わる前に行かなくちゃ
消えそうな想いを全部そっと詰め込んで

ジングルベル
見なれた景色が色を変えてゆく
ざわめいたこんな夜だから
奇跡さえ信じたくなるよ

白い吐息に誘われた星屑が
町に迷い込んだら
夜を飾ろう
ささやかな期待を込めて
弱い魔法
覚めない夢の続きを教えて
君の声で

ジングルベル
遠く鐘の音が願いを空に運んで
こぼれ落ちそうな言葉をそっと詰め込んで

ジングルベル
途切れないように
包み込むように
口ずさむメロディーにそっと
奇跡を思い描いているんだ

白い吐息に紛れてく
心が凍えてしまわないように
夜を飾ろう
温かな笑顔を混ぜて
弱い魔法
覚める前にもう一度聞かせて
君の声で

最後の鐘の音が終わる時
夢の続き
君の温度

白い吐息に誘われた星屑が
町に迷い込んだら
夜を飾ろう
ささやかな期待を込めて
弱い魔法
覚めない夢の続きを教えて
君の声で

カラスヤサボウと申します

漢字で書くと烏屋茶房らしいです。

[twitter:karasuyasabou]

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP