バカモノの唄

投稿日:2020/05/14 20:43:09 | 文字数:612文字 | 閲覧数:32 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

「ど~も生きててすみません」


お久しぶりです。と、言うには微妙な感じですね。
鬱うつとしてるので、鬱な感じのものを書きました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

くらい くらい 海の底
浮かび上がることもできないよ
金縛り中の夢から覚めた
うまい うまい もう一杯
苦い味のするソーダを飲む
薄味の人生に塩を少々

あぁ 羨ましいな
努力の才能羨ましいな
そうやって嘆いて 夜の隅
お月さんだって泣きやしない
あぁ 浮かばれないな
棄ててったもんが浮かばれないな
水でたぷたぷの僕の頭
考えることすら億劫だよ

羨ましいなんて言っちゃいけないらしい
ゴミ集積所横 ふにゃふにゃにふやけた僕がいる
70% 自己嫌悪で生きている
まるで子供みたいだ 街明かり 午前2時


くろい くろい 海の闇
目をこらすこともできないよ
昼下がり 白昼夢から醒めた
痛い 痛い もう一回
味のしないラムネを齧る
雨上がりの空は藍色だった

あぁ 妬ましいな
優しい性格妬ましいな
そうやって泣いては 夜の隅
お星様だって流れやしない
あぁ 死にぞこなった
完全に時期を逃しちまった
涙でたぷたぷ僕の心
愛することさえ億劫だよ

妬ましいなんて言っちゃいけないらしい
ゴミ集積所横 バラバラに壊れた僕がいる
70% 自己否定でできている
まるで子供みたいだ 独り ブランコの上


こんな唄なんてうたっちゃダメらしい
こんな屑には居場所が無いらしい

羨ましいなんて言っちゃいけないらしい
ゴミ集積所横 ゲラゲラ嗤われる僕がいる
70% 既に死んでしまっている
それでもまだ生きて痛いとしゃがれた声で言う

新しい“音”が作れないので歌詞だけを投げています。たまに絵。
かなりのんびりしながらやっています。誰かに刺さるといいなぁ。
ニックネームは適当です。
使用した際は一言言ってくれると喜んで見にいくのでよろしくお願いします

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP