ハルジオン

投稿日:2020/07/23 17:48:32 | 文字数:454文字 | 閲覧数:205 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

〜苦い思い出も知らん顔のハルジオン〜

久しぶりに書きました。
思うままに、我儘に。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

【Aメロ】
一番光り輝いてる
思い出の中に君はいる
遠のく青い日々の中
色褪せない愛が

あの時 胸に秘めていたね
二人して恋に落ちていた
でも知る術は無くてただ
朝ぼらけの影だ

【Bメロ】
空が少し近くなった今になって
情けないほど思い出すんだ

【サビ】
好きだと言えず噛みしめた
苦い言葉の味を覚えている
それすら今や風の中
飛んで吹かれて時間(とき)にさらわれてく
足元に揺られたハルジオン

【Aメロ2】
少しは嘘が上手くなる
歯がゆくて甘い大人になる
猫背のままで生きていた
躓(つまづ)いてるだけだ

【Bメロ2】
青が少し淡くなった僕にとって
哀しいくらい大切なんだ

【サビ2】
好きだよなんて飲み込んだ
いつかは消えてく春の光の中
それすら今は胸の中
鈍く痛んで僕はさらわれてく
あの時 咲いてたハルジオン

【ラストサビ】
好きだと言えず噛みしめた
苦い言葉の味を覚えている
それすら今や風の中
飛んで吹かれて時間にさらわれてく
足元に揺られたハルジオン

あの時 咲いてたハルジオン

新規のコラボ依頼などございましたら、お気軽にDMくださいませ。
なお、状況などによりお断りさせて頂くことがあります。
ご了承、宜しくお願い致します。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

▲TOP