人間椅子

投稿日:2019/07/08 17:58:58 | 文字数:472文字 | 閲覧数:250 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

轟く磊塊
毳々引き抜き
つんのめる理解

挨拶一つで
全てを許せば
誰しもが異形

重なり合えば
終わりが兆す
それならそれで
よいのだけれど
このまま喫えて
停滞したい

君が座して眠れば
僕は座して舐ろう
ヒューマノイドに凝り固まる
苦悩に胡座し椅子となろう

椅子となろう

混濁意識の
表層付近で
なんとなく理解

微妙な加減の
不安の快楽
薄気味に這わす

大匙小匙
芥子や胡椒
辛味と名乗る
痛みよろしく
上位概念
抱き込み擬態

此処に罪を植え込む
そして土は凍てつく
ユーモレスクもだまになれば
不遇の鬆となり言葉も無い

言葉もない

無言の椅子

或いは明月に照らされた
小脇に群がる嫌な風
とてつもないほどに音が無い
勘繰りたくても思考が無い
所詮は椅子でありますから

重なり合えば
終わりが兆す
それならそれで
よいのだけれど
質頽れ
噤ぎ補したい

君が座位に責付けば
僕は座成り滅ぼう
アンチテーゼが引き括める
浮動に傅き椅子となろう
椅子となろう

無言の椅子
無情の椅子
無道の椅子
無明の椅子

我が名は椅子

作詞してます。御用の際はメッセージでどうぞ。
歌詞を使う際は、作詞に出来立てオスカルとご明記下さいませ。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

  • 【虚音イフ、真歌ジョー】人間椅子【UTAUオリジナル】

    by のばさん

もっと見る

▲TOP