禁忌

投稿日:2017/07/09 19:04:14 | 文字数:557文字 | 閲覧数:486 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A
穢れた両手で 掬い上げた月夜は
少しも変わらず ただそこにあるだけで
偽り 幻 それでもいい わかってる
綺麗なものには 触れられない
B
可哀想なのは誰? 寂しげな眼差しが揺れる
突き刺さる言葉なら ごめんねなんていらない
やけに冷たい 心の記憶
通り過ぎた傷跡はまだ
S
誓いのような 祈りのような
君の声が 染み込む空
涙声が 零れ落ちて
光を 滲ませていく

可哀想で 愛おしくて
触れたい 抱きたい
こんな僕は 消えたらいい
言ってよ 言ってよ

A
砕けた心を 掻き集め見つめては
悲しい温度の 体に爪を立てる
どうして どうして 届かないと 知りながら
笑顔をくれるの こんな僕に
B
ひとりで歩いていく 優しさも虚しさも知らず
何も傷つけないで 生きられる人生なら
君に触れても 許せたはずさ
たとえそれが僕の指でも
S
終わりのような 始まりだね
君の声は 震えていた
戻れないよ それでいいよ
光が 遠ざかってく

笑う君に 縋りついた
死にたい 消えたい
こんな僕は もういらない
言ってよ 言ってよ

S
誓いのような 祈りのような
君の歌が 響いた空
キスの雨が 僕に触れた
瞬間 全てが終わる

痛みだけの 最後だった
それでも それでも
こんな僕を 愛してると
言ってよ 言ってよ

エブリスタ 小説「愛をうたにして」
https://estar.jp/users/105143114/novels
歌詞をまとめてます。

趣味で作詞をやらせていただいております。ナツキと申します。
曲募集は一応しておりますが、どちらかと言うとこちらが詞を提供する、使っていただく、という形になるかと思います。こちらから作曲について何かを指定することはいたしませんが、質問や歌詞の改変などは随時受けつけております。もし使いたいという方がいらっしゃれば、お気軽にお声掛けください。
※「曲募集中」のタグがついている作品に限ります。
※歌詞の提供は無償です。
※作曲希望の方にメッセージをいただいた時点で募集を締め切らせていただいておりますので、できるだけ事前にご連絡くださると嬉しいです。この際、途中で取りやめていただいても大丈夫です。

それでは、よろしくお願いいたします。


2012年3月作詞活動開始
2016年3月ピアプロ登録

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP