追憶の楽園

投稿日:2018/05/06 15:29:37 | 文字数:1,179文字 | 閲覧数:143 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

逢いたい願い。
逢えない呪い。

記憶の隙間から
君が抜け落ちていく。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

追憶の楽園

【A1】
枯れゆく花に焦がれ
散りゆく葉を愛でる
持たぬもの求め
尽きぬものを呪う

始まりは希望    
辿り着いた絶望    
欲望の        
成れの果て       

【B1】
ただもう一度だけ   
逢いたい貴女のために
禁忌の身体抱き
明けない夜を 
重ねていった   

【サビ1】
朽ち果てる夢を見る  
永遠に叶うことない夢を 
魂は惑う    
楽園にはもう    
届かない    

【A2】
ただ光を望み
そして闇に落ちる 
ただ空を見上げ           
月に願いかける    

叶うものなら   
もう一度正しい生    
やり直すことを       

【B2】
いつしか見失った  
遠き美しい思い出
愛してる貴女の  
笑顔さえも     
もう思い出せない    

【B3】
追憶の楽園はもう  
私にはないのでしょう

胸に宿る記憶   
塵芥と      
消えゆく前に さあ   

【ラスサビ1】
朽ち果てる夢を見る 
永遠に叶うことない夢を  
悔いることも    
許されぬことを悔いる  

【ラスサビ2】
時間に愛され   
時間に憎まれ呪われた  
安逸の楽園     
貴女の居る天国に   
もう届かない


ひらがな

ついおくのエデン

【A1】
かれゆくはなにこがれ
ちりゆくはをめでる
もたぬものもとめ
つきぬものをのろう

はじまりはきぼう    
たどりついたぜつぼう    
よくぼうの        
なれのはて       

【B1】
ただもういちどだけ   
あいたいあなたのために
きんきのからだだき
あけないよを 
かさねていった   

【サビ1】
くちはてるゆめをみる  
とわにかなうことないゆめを 
たましいはまどう    
エデンにはもう    
とどかない    

【A2】
ただひかりをのぞみ
そしてやみにおちる 
ただそらをみあげ           
つきにねがいかける    

かなうものなら   
もういちどただしいせい    
やりなおすことを       

【B2】
いつしかみうしなった  
とおきうつくしいおもいで
あいしてるあなたの  
えがおさえも     
もうおもいだせない    

【B3】
ついおくのエデンはもう  
わたしにはないのでしょう

むねにやどるきおく   
ちりあくたと      
きえゆくまえに さあ   

【ラスサビ1】
くちはてるゆめをみる 
とわにかなうことないゆめを  
くいることも    
ゆるされぬことをくいる  

【ラスサビ2】
ときにあいされ   
ときににくまれのろわれた  
あんいつのエデン     
あなたのいるばしょに   
もうとどかない

旧名は「ちざきいむ」でしたが時代も代わるので改名しました(笑)
これよりは「須見アラン」として活動していくつもりです。

イラストや詩、小説などの創作が主です。
よろしくお願いします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/22

もっと見る

▲TOP