小惑星はもうじき

投稿日:2020/07/12 19:14:06 | 文字数:153文字 | 閲覧数:52 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

https://piapro.jp/t/oBDK
Devvis様への応募作品

質問のメールをしたのですがお返事が無いようでしたので削除しました!もし見てくださっていても忘れてくださいまし〜
世界の終末に聞いている音楽というイメージを持ちまして、静かな気持ちになる低い音と、星のようなピアノの音、少しかすれたような声など本当に素敵で奥行きがあって、映像みたいだと思いました。壮大だったり儚かったりの強弱を大事にしたいなぁと思いながら言葉を選びました。

※ラジオ星(せい)…電波を発する天体
※荒(すさ)ぶ

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

届いてる…?君の夜に
ラジオ星の銀の声

忘れないで
コバルトの胸に囁いた

悠然と凪ぐ花吹雪
影荒ぶ火にのまれても
遠い空から 海の狭間から
呼んでる


この街に沈む歌は
静かに目を閉じてゆく

忘れないよ
虹色の中で囁いた

虫たちの契りの調べ
薄明かり咲く微笑みが
群青に揺れ 星の瞬きに
消えてく

雪凪、作詞やってるってよ。

基本的に歌詞募集曲に詞をにょろりと差し出すだけの妖怪です。詞もイラストも依頼はお受け出来ません(タイトルに作曲者様の名前を明記しているものが採用作品です)
アイコンなどのっけてる絵は全部自作。

作詞→群青堂様に投稿してます
http://l.gunjodo.com/yukinagi/

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP