魔女

投稿日:2011/06/29 01:51:00 | 文字数:880文字 | 閲覧数:2,134 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

「魔女」の歌詞です。
リョータイ様(http://piapro.jp/ryo_tai)に作詞していただきました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

さあ 見てごらん 悲しいお話
さあ ハンカチの用意忘れずに

あるところに魔女がいたそうな
ある王子と恋をしたそうな

時を止める魔法忘れるくらいの
幸せな時は過ぎていく

十字架に抱かれ空仰ぐ
Penitenziagite!(悔い改めよ)
祈りの声などかき消され
Opus transit in otium(献身は虚無と化した)
この愛さえ魔術と呼ぶのなら
Penitenziagite!(悔い改めよ)
憎しみの炎を放つがいい
La mortz est super nos!(死が我等にのしかかる)

さあ見てごらん 燃えるような空を
さあ忘れるな正義の炎を

あるところに魔女がいたそうな
ある王子をたぶらかしたそうな

魅了する魔法に囚われた者の
幸せな時は過ぎさりし

十字架に繋ぎ悪魔呼ぶ
Penitenziagite!(悔い改めよ)
悪しき呪文を叫ぶ前に
Virtus migrat in vitium(美徳は悪徳と化した)
かの罪なる魔術に審判を
Nunc cuncta rerum debita(いまや総てが)
この聖なる炎を放つがいい
Exorbitant a semita(道を外れて狂っている)

かく空しき人の愚かしさ
Penitenziagite(悔い改めよ)
あの夕日の赤は燃え続け
La mortz est super nos!(死が我等にのしかかる)


時を止める魔法忘れるくらいの
幸せな時は過ぎていく

十字架に抱かれ空仰ぐ
Penitenziagite!(悔い改めよ)
祈りの声などかき消され
Opus transit in otium(献身は虚無と化した)
この愛さえ魔術と呼ぶのなら
Nunc cuncta rerum debita(いまや総てが)
憎しみの炎を放つがいい
Exorbitant a semita(道を外れて狂っている)

この赤く燃ゆる火のような
Penitenziagite!(悔い改めよ)
血の涙の理由(わけ)を忘れるな
La mortz est super nos!(死が我等にのしかかる)

スズキです。
音楽を作っております。
がくっぽいどと鏡音リンレンを使ってオリジナル曲を中心にやっております。
コメント返しできていませんで、どうもごめんなさい。
御用の方はssuzukki☆gmail.com(☆→@)までご連絡ください。

ニコニコ動画公開マイリスト
http://www.nicovideo.jp/mylist/8488945

HP
http://sound.jp/heliodor_music/suzuki.html

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP