anonymous_no.3

投稿日:2019/12/12 01:07:27 | 文字数:267文字 | 閲覧数:41 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

40XX年「研究者のメモ」



30XX年、大戦争が起こり地上はほぼ壊滅。
今だに人類が存続していることは奇跡である。
残った記録も数少ない中、人々に歌い継がれる歌は当時を知る貴重な手がかりだ。
これらの歌には、度々[魔女]が現れる。
[魔女]とは、一体何者だろう。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

人、持て余す陸(おか)の上
天守に梯立、不備も朧朧。
埋めるとは何。海の端(は)は陸、
陸で陸を繋ぐか、愚か者。

遠い彼の地は魔女のもの。
魅入られざるもの、勾引うべからず。
近く墓場で待ち合わせの合図
近く近場が墓場か、…大馬鹿。

歌が聞こえる。
臆病者は、目を隠せ。
歌が聞こえる。
勇気あるもの、歌を隠せ。


逃げよ、逃げよ。さもなくば
示せ。示せ。命の色彩を。
愛の果てを憂いて泣くか。
星の運命の水祭り。

超えよ。神を。人の子よ。
楽園は地に。天(そら)は堕ちた。
疑うならば、逃げてみせよ。
帰る場所のあるうちに。

音フェチの副作用
…効果音づくりが楽しすぎて作曲そっちのけ!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • オートマタ

    by シオワリさん

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP