ラストシーンに悪魔は要らない歌詞

投稿日:2014/07/26 23:00:45 | 文字数:443文字 | 閲覧数:1,168 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

ラストシーンに悪魔は要らないの歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ラストシーンに悪魔は要らない


春風に溺れるセピアの街
人波の隙間に土の匂いがして
耳鳴りと少しの鈍い痛み
何かが喉元に宛がわれるようで

嘘だけ塗りたくって汚れた僕の心なんて
もういっそ刃をたててバラバラに引き裂いてよ

高架下のその場所に置いてきた未来は
今でも僕をそう簡単に離さずそれでいて遠くに消えていく

頭の中でただ咽び泣く君にかける言葉もなく
それは誰が言うまでもなく悲劇なんだろう須らく
大雪は見る影もなく解けていったんだ、音もなく
救いなどがあるはずもなく、ただ呻いている

嘘など吐いたこともない君の澄んだその瞳には
君のための僕はさしずめ悪魔なんだろう

高架下のその先はコマ送りなんだ
惨めな僕が追いかける目の前で揺らめいて久遠に溶けていく

なんてことない未来は
なんてことなく書き換えられて
高架下の間違いは
もう触れない、触れやしない

つむじ風が遊ぶセピアの街
人並みになれない僕にも春はくる
耳鳴りと少しの鈍い痛み
忘れなどしないさ、この身が裂けても

(プロフィールはありません)

もっと見る

▲TOP