天気雨

投稿日:2020/11/25 16:03:51 | 文字数:546文字 | 閲覧数:226 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

覚え書き

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

春に植えた花の咲く頃
新しい生活(暮らし)も慣れてきた
あなたと別れて何度目かの夏
思い出の場所へ行っていた

砂ぼこりに涙にじむ
いつも待ち合わせた公園で
遠い空の向こうから
優しい雨が降りだす

天気雨、美しいのに
ああ、すぐ消えてしまう
あなたへの想いも一緒に
無くなればよかった

懐かしさに浸る 帰路に着くまで

時間もあり余裕もできたけど
新しい出会いに弱気になる
気になる人は近くにいるけど
気持ちを伝えられずにいた

不甲斐なさに心痛む
言葉のニーズを感じてる
孤独で惨めなこの気持ちを
書き消す様に降りだす

天気雨、美しいのに
ああ、すぐ消えてしまう
暖かい虹が架かり一時だけ
心 癒される

懐かしさに浸る 眠りにつくまで

気持ち切り替え必要だけど
昔の思い出 忘れたくない
現在の立ち位置は未来へ
傾いてる

前を向いて生きてくため
癒しのメソッド探してる
先行き不安なこの気持ちが
和らぐ様に降りだす

天気雨、美しいのに
ああ、すぐ消えてしまう
暖かい虹が架かり一時だけ
心 癒される

懐かしさに浸る 眠りにつくまで

幾度見た、景色なのに
ああ、でも、色褪せない
子供の時の記憶に ああ ふいに
帰ることが出来る

安らぎを与えてくれる 眠りにつくまで

癖になる音楽を作るのが目標です。

ツイッター
https://twitter.com/SKIP89383220

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP