ト或ル亡国ノ魔女

投稿日:2011/10/04 18:19:43 | 文字数:627文字 | 閲覧数:24 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

無欲な王様と、人を欲に溺れさせる事が趣味な魔女のお話

題は「とあるぼうこくのまじょ」です
途中、王様が望んだ「此ノ国ガ永久ニ栄エ続ケマスヤウニ」というのは、結婚相手がいない僕の世継ぎをつくってくださいという意味です
ぶっちゃけヤろうぜって意味です(

他に意味が分からない所があれば連絡どうぞ

曲のイメージとしては、ホラーなお伽話です

非常にやりづらいであろうグダグダな歌詞ですが、誰かこれに曲をつけてやってください
できればニコ動アップを目指しています

よろしくお願いしますm(__)m

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

さあ、眠りなさい良い子達
悪い魔女が来る前に
まだ眠れないというのなら
御伽となってあげましょう


大変栄えたとある国
豊富な富と信頼で
戦争のない国でした

その国有したとある王
常に国民第一の
禁欲のある王でした

ある日その国の門を打つ
一つのか細い小さな音(ね)
眉目美しい旅人が
一人門前で微笑んだ

その美しさに門番は声無くし
街行く人々は道を譲った
麗しい王はすぐに心を奪われ
「さあ始めましょう饗宴を」


歌って踊って美酒を呑む
聞けば旅人は戦乱で
故郷を追われ孤独の身

恋した王は微笑んで
城への滞在を赦した
眉目麗しい旅人は
一人艶やかに微笑んだ

御礼がしたいと申し出た旅人に
禁欲の王が望んものとは
此ノ国ガ永久ニ栄エ続ケマスヤウニ
「さあ続けましょう饗宴を」


旅人現れ早幾年
妃となった旅人は
国を自らのモノにした

王は妃の言いなりとなり
何でも願いを聞き入れた
王は欲望に支配され
彼の禁欲は崩れ去る

妃は静かに妖艶に笑い出す
作物枯れ果て財は尽き果て
それでも魔女はそっと王に囁いた
「さあ続けましょう狂宴を」



亡国魔女の楽しみは
コノ世界ヲ欲デ染メルコト
亡国魔女は毒酒持ち
サア宴ヲ早ク始メマショ


さあ、お聞きなさい良い子達
これは真(まこと)の出来事よ
耳を塞いでも意味はない
起こったコトは変えられぬ

さあ眠りなさい酔い子達
亡国魔女が来る前に
けれどきっともう手遅れね
なぜなら私が―――

焼き芋始めました
なんちゃって

歌詞書いてます
誰かボカロに歌わせてやってください
まるで一週間くらい何も食べてなかった犬が食べ物を目の前にしたくらいに喜びます

知らんけど

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP