玩具屋カイくんの販売日誌(291)  「ツクヨミ少年とツクヨミ様」

投稿日:2017/02/25 20:06:51 | 文字数:1,066文字 | 閲覧数:46 | カテゴリ:小説

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「あれ、リン。駿河さん。あたし、なんで?ここに。あ、そっか」
なにやら、ぶつぶつとつぶやきながら、サナギちゃんは部屋を見回して言った。
「そうか、ここ、ツクヨミ君のいる会社だね」

リンちゃんは、彼女に向かって言った。
「そうだよ。サナギ、あんたこの頃、ちょっとヘンだったよ」
「なんで?」

2人は、言い争うほどではないが、言い合いをはじめた。...いつもの調子で。

それを見て、ツクヨミ少年は、ニコニコして小さくうなずいた。

駿河ちゃんは、また机の上にある、小ビンに目をやった。
「このビンの中に、いま見えていたものは、何?」

ツクヨミ少年は、静かに答えた。
「中に見えてたのは、サナギさんの、ココロ、です」


●ツクヨミは、別にいる

言われて、駿河ちゃんは目をみはる。
「え?ココロ? ココロって、気持ちのこと?」
「ええ。くわしく言うと、彼女の“自由な心”、かな」
ツクヨミ少年は言う。

「よくわかんないけど、なんでそんなものが、この中にあるんです?」
そういって、小ビンを指さす。

すると横から、ベニスズメさんが口を入れた。
「ツクヨミ様の、怒りを呼んでしまったんです。サナギちゃん」
目を丸くする駿河ちゃん。
「へ?ツクヨミ様の怒りって。あなたの怒りですか?」
そういって、目の前にいる少年を見つめる。

ツクヨミ少年は、ちょっとニガ笑いをして答えた。
「いえいえ、ツクヨミ様、っていうのは、僕のことじゃなくて、別にいるんです」


●怒ると、何かが起こる

駿河ちゃんは、また首をかしげた。
「別にいるの。じゃ、ツクヨミさんって、2人いるの?」
少年は、ニコニコ笑っている。
ベニスズメさんが言った。
「まあ、そうなんです。というか、ここにいる彼は、ツクヨミ様の“お使い”なのよ」

部屋の隅では、まだ、リンちゃんとサナギちゃんが言い争って、というか、仲良く喧嘩をしている。
それを横目で見て、駿河ちゃんはつぶやいた。
「彼女、元気になったみたいね。よかった。でも、その“ツクヨミ様”が怒ると、何か起こるわけですか」

“様”ではなく、“少年”の方のツクヨミ君は、言う。
「この間の、リンちゃんとサナギちゃんとの、ビデオ制作の仕事は、楽しかったし、とても上手くいきました。でも」
腕組みをして、続ける。
「とつぜん、ミクさんから、“お仕事を打ち切る”という話があったんです。それで」

彼は、声をひそめて、つぶやいた。
「その“突然さ”に、腹を立てられて。そして、力が発動してしまったんですね」(-_-)

雑貨の仕事をしてます。
キャラクター雑貨がらみで、キャラクターも好きです。

音楽も好きですが、好きな曲の初音ミクバージョンを聴いて感心!
ボーカロイドを聴くようになりました。

機会があれば、いろいろ投稿したいと思ってます。
宜しくお願いします。

twitter http://twitter.com/tamaonion

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP