卒業~ある恋の物語

投稿日:2019/03/17 23:06:59 | 文字数:565文字 | 閲覧数:43 | カテゴリ:歌詞 | 全3バージョン

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

卒業~ある恋の物語


もうすぐ十年たちます あなたに告白してから
あの日 高校の卒業式の後 桜の樹の下で思いを伝えました。
「僕も君を」とあなたは微笑みました
でも首を横に振りながら
「進む道が違いすぎるから 受けとめられないんだ」と答えました
紡いだ言葉 風にあおられて空に散りました
心はまぶしい太陽に照らされ
気づけばまっすぐな瞳が見つめていました
「10年後、運命があったら またここで」とあなたは言いました
ああ 私は早咲きの桜に そっと頬をよせて うなずきました

ふとつけたラジオから あなたの歌が聞こえます
あの時の熱い思いは 今でもこの胸を焦がしています


今日で十年たちます あなたに告白してから
私は仕事を抜け出して 懐かしい母校へと 電車を乗り継ぎました
桜が今年も咲いています 
生徒たちが別れを惜しみ 握手を交わしたり 再会の時を約束しあったりしています
故郷を離れ 夢を叶えたあなた 今日はどこで歌っていますか
あの日のこと覚えていますか 高校時代の切なく閉じた最後のページを
不意に昔のあだ名でイタズラっぽく呼ばれました
ああ神様 桜の樹の下で あなたが笑って手を振っていました

「歩んだ道はちがったけれど 今度は僕から伝えたい」
変わらないまっすぐな瞳に 私は「はい」とうなずきました 

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 卒業・・ある恋の物語

    by 野津 敬さん

▲TOP