不思議な呪文、人工衛星。

投稿日:2012/04/08 23:36:19 | 文字数:483文字 | 閲覧数:196 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

あー

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

不思議な呪文、人工衛星。


けいぴーぴーぴーぴーぴーぴー
耳元かすかにさんはちよん
足元広がる太平洋
首元ここぞと飲み込んで
オーロラ色で和が浮かぶ


蹴飛ばして
飛び出して
だんだんだんと階段を
転がって
上むいて
はるか高くに見つけてた
なんだって
引き裂いて
耳元流行りのミュージック
最近どこでもこれなんよ
とりあえず今は眠いんよ


三塁戦には声援が
メガホン片手にろくよんさん
ナイロンくしゃりと新品の
体温さんきゅー明日悠久
とっとと帰って寝ちゃいたい


最高の
空間の
夢を見たんだ空気圧
潰れんの
一方の
えるおーぶいいー押し付けて
どうなんの
帰れんの
とりあえずいいじゃんラブソング
戻れないなら中毒よ
やっぱりあくびが止まらんよ


意味がないのよじかんにゃー
一日寝てると捗るし
そろそろこの歌終わるから
布団を敷いて待っててよ


バクなんて
バグなんで
首を洗ってまた来いよ
蹴飛ばして
飛び出して
寒くなったらまた入れ
人間にゃー
生物にゃー
伝えきれない違いない
とりあえず言っとけえるおーぶい
一個足りない? それがE


作詞募集に応募しているもの以外は基本的に一言いただければ好きに使って頂いて構いません。

興味持っていただけた方はお声がけいただければ


HP   :http://shimotuki-17.jimdo.com/
ブログ :http://blog.livedoor.jp/shimotuki3617/
Twitter :https://twitter.com/Shimotuki_17

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

▲TOP