僕等の街・歌詞

投稿日:2008/08/22 02:29:35 | 文字数:543文字 | 閲覧数:233 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

僕等の街の歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

この時代はとても早くて すぐに何もかも変わって
いつの間にか知ってた場所も 知らない場所に変わっていて
でもこの場所は変わらず いつまでも変わらないで
同じ時を過ごしていくと 何となく思っていた

長い月日がこの街も 流石に姿を変えさせて
見慣れた町並みや 行き交う人の顔
その全てが前と違くて

また一日 時は過ぎ行き
少しずつ、少しずつ 何かが変わる
でも今でも、これからもずっと 変わらない物もあると
猫が語った


古い何かが消え去って 新しい何かが生まれ
大切な物の一つでさえも そのサイクルに呑まれていて
変えられないこのループを やたらと恨んでしまったり
そんな繰り返しが当たり前のように 毎日を作っていく

白紙の日記のように 最初はゼロから始まった
刻んだ思い出や 浮かべた夢の数
それが僕等の街を作った

星の数の 優しさ浴びて
大海を生む程に 涙流した
何だかんだ幸せだった それがここ『僕等の街』
大好きな街


また一日 時は過ぎ行き
少しずつ、少しずつ 何かが変わる
でも今でも、これからもずっと 変わらない物もあると
猫が語った

また嫌でも 時は過ぎ去り
いい事も嫌な事も 過去に変えてく
でも今から、それまでもずっと 変わらない物もあると
猫は知ってた

音楽が好きです。でもぞうさんの方がもーっと好きです。嘘です。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP