投稿日:2012/02/18 03:12:07 | 文字数:245文字 | 閲覧数:138 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

最初から比べるものなんて無かったという話です。多分(´`)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 


せめて もう少しだけ近く
それは 彼方まで遠く

針を 戻せたのなら深く
愛を こぼれる程 注ごう


傾かない秤(はかり)
正しいと決めたのは僕

信じたのは君
砕けちった夢の欠片を集めよう



やがて 季節さえ忘れても
それは 当たり前のように

髪を 揺らした風に乗って
今も こぼれる程 伝うよ



傾かない秤(はかり)
正しいと決めたのは僕

比べものは何?
砕けちった夢も

傾かない秤(はかり)
最初から一つしか無い

信じてくれた人
こぼれる程の愛を 注ごう 



歌詞書いたりしてます。

歌詞の依頼等大歓迎です!
速めに書けるかと思います。
改変等も受け付けます!
お気軽にどうぞ!

投稿物はご自由にご利用下さい。
※個人宛(応募用など)表記のもの以外になります。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP