宵の舞_歌詞・歌割り

投稿日:2021/07/05 23:03:45 | 文字数:584文字 | 閲覧数:34 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

(ずん子)
月明かりの下 一同集えば
歓喜の宴が始まる

(イタコ)
祝いの舞が 心掴むのさ
誰もが酔いしれる

(きりたん)
明日はまだ先

(ずん子)
咲き誇りましょう

(きりたん)
手を叩き 盛り上がり 熱帯びるさらに

(ずん子)
この想い 声に出し 歓声に

(イタコ)
終わらない 止まらない 激しくさらに

(全員)
この夜は伝説に…

(ずん子)
続く伴奏や 律動に乗れば
退屈なことなんて無いのさ

(イタコ)
喜びの歌が 響き渡れば
全てが癒される

(きりたん)
明日はまだ先

(ずん子)
咲き誇りましょう

(イタコ)
揺るがない 譲らない 輝きを放ち

(ずん子)
華々しい その踊り 素晴らしい

(きりたん)
くだらない 過ごす日々 忘れ去るように

(ずん子)
美しい花園に

(きりたん)
夢はいつか 醒めてゆくなら

(イタコ)
この時は 離せないの

(全員)
分かっているでしょう?

(イタコ)
短い

(きりたん)
儚い

(ずん子)
愛しい

(全員)
今宵の舞

(きりたん)
手を叩き 盛り上がり 熱帯びるさらに

(ずん子)
この想い 声に出し 歓声に

(イタコ)
終わらない 止まらない 激しくさらに

(全員)
この夜は伝説に…

(全員)
夢はいつか 醒めてゆくなら
この時は 離せないの
いつまでも守る

主に歌モノ作ってます〜

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/16

もっと見る

▲TOP