ジブンイロ

投稿日:2010/06/19 16:34:25 | 文字数:369文字 | 閲覧数:64 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

別れ歌って感じです。
強くなって「ジブンイロ」をぬっていこうとする
オンナノコの詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

もう、昨日までの 弱い私はいらない
さよならするため 髪を短くした

受け入れられない悲しみを抱えて
深く傷つくの(は) 馬鹿みたいだから

ただ泣く だけの 弱い女には
なりた くないの 私

さよなら私 昨日までの
私はもう、後には戻れない
これ以上 辛い思いはしたくないの
涙は枯れたから


辛い思い出はもういらないから
あなたのものは全部捨てた

あなたの好みに 長くしていたのね
短い髪は 少し寒かった

他人にそまる 弱い女には
二度と なりたく ないの

さよなら私 昨日までの
これからはジブンイロを塗るから
もう、真っ白なキャンパスになりたくない
私らしくていい。

さよならあなた 今度はもう
泣いて、あなたを困らせないから
やっと顔を見て言えたね
「さよなら」って

「後悔させるから
 ・・・・・イイ女になって」

ミク・テトを中心に曲を作っています。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP