鎌を持てない死神の話 2

投稿日:2010/03/06 01:14:03 | 文字数:1,216文字 | 閲覧数:623 | カテゴリ:小説

ライセンス:

2です。長いです。疲れた・・・。
これ元はlunarが漫画として描いたのを物語にしてるので色々と不都合が・・・!漫画でしか出せない表現ってありますよね。

えと、先に言っちゃいますと死神様(レン)は匂いでその人が何時死ぬのかが分かります。犬じゃないけど。
後、死神はレン一人じゃなく他にもいる、と言う風に考えてます。
でなかったら人が一人死ぬ間に他の人も死んでるんだから死神様大忙しだよ(←
ただ今期末テスト真っ最中なので(←)少し更新遅れるかもです。
気長に待ってやってください。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

この少女を見つけたのは、少年が街を歩きながら、消え逝く者を捜している時だった。消え逝く者を捜している――、といっても単にそれは少年にとって退屈な気分を誤魔化す為の時間に過ぎなかった。

人々は少年の存在に気付きもせず――いや、気付かずに通り過ぎていく。少年は死神。死期の直前にならないと、彼の姿は人間の目に映る事は、ない。

と、少年の鼻がヒクリ、と動いた。 この街中からの匂いではない。  少年は身に纏っている黒のローブを翻し、匂いのする方へと進んだ。

そうして、見つけたのは、 可愛らしい伯爵の娘だった。しかし、次の瞬間

グラリ、と少女の体が揺れ、そのまま、  倒れ込んだ。


少女が倒れたのは中庭だったので、その音に気付いた庭師や使用人達がやってきた。
そして倒れている少女を見るや否や女達の顔は青ざめ、「お嬢様!」と狂った様に叫んだ。

「誰か!お医者様を!お嬢様!? お嬢様!」




病に倒れ、医者に告げられたのは、
「残念ですが・・・、娘さんの病気はもう・・・手の施しようが無い位に・・・」
手遅れ、と言う、残酷なモノだった。
伯爵達はそれを聞いて、深く嘆いた。
「ああ・・・」
「何と言う事・・・」
「まだお若いのに・・・」
そんな大人達の中、ただ一人、冷静な娘は閉じていた目を開くと、こう言い放った。

「じゃあ、 殺して」

それを聞いた伯爵達はどよめいた。伯爵は立ち上がり、少女を見据える。
「何を言っている!?お前はただ一人残った・・・」
「それが嫌なの!」
伯爵の言葉を遮って、少女は叫んだ。そして、一呼吸置いて淡々と喋り始めた。

「確かに、私はこの家の唯一の子供。・・・兄様が亡くなった、  今、ね。
兄様はとても優秀だった。そして、とても優しかった。―――けど、

兄様は死んだ。重い病の為にね。

兄様が亡くなった後・・・、私は聞いてしまったわ・・・。父様が母様に話した事

『あの子の代わりに娘が死ねば良かったのに・・・』 ってね!

そう・・・私は兄様より劣っている・・・。それでも懸命にやってきた。けど・・・・・・あの時のあの一言が全てを壊した・・・。どっちにしろ劣ってる子は劣ってる・・・。

けど!」

少女は淡々と喋っていた口調を変え、ぐ、と手を握り締めた。

「兄様が亡くなってから、私には圧力ばかり!ない期待を重圧的に掛けてきて!それがいざ死ぬとなると押し留めて!もう遅いんでしょ!?手遅れなんでしょ!?だったら・・・・・・!」

一回口を閉じ、コクリと息を飲む。そして、少女は再び、

「殺して」

と言った。






驚いている伯爵達を半ば強引に部屋から出すと、少女はドアに寄りかかるようにしてそれを閉じた。そして、ふと何かの気配に気付き、顔を上げると、黒いローブに身を包んだ少年が立っていた。

「・・・誰?貴方・・・」



そして、話は最初に戻る。
    

 lunarと言います。全くのド素人ですが、よろしくお願いします。絵も描きますが、載せ方が分からないので(←)しばらくは駄文のみになるかと思います。
 因みにlunarは“ルナ”と読んで下さい。英語的な本当の発音は“ルーナ”らしいですけど。




 










 私事ですが、アメブロ始めてみました。

 http://ameblo.jp/pkmn-vcl-th/ 

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    こんにちは。続編、楽しく拝見させて頂きました。
    「鎌」の擬人化、と物語の設定が具体的でしたので興味を持たせて頂いたのですが、成程、漫画が前身になっているんですね。
    是非とも、漫画の方も拝見したいものです。
    原曲の内容を踏襲してらっしゃるので、ある意味結末が確定的な物語を、「鎌」の存在を交えてどのように膨らませ、展開させていくのか。続編、期待させていただきます。
    テストでお忙しいとのことですが(笑。テスト、懐かしいです。
    ご無理なさらず、今後とも頑張って下さい。

    2010/03/06 09:55:23 From  planetype

  • userIcon

    メッセージのお返し

    わわ・・・!またまたメッセ有難う御座います・・・!
    漫画ですか、背景まっちろ(笑)です。絵、載せたいけど何しろlunarは機械オンチなもので・・・!しかもその漫画、友達にあげてるものでして・・・(言い訳長えよ
    テストは昨日終わりました・・・! ・・・学年上がるかしら・・・?(
    終わり方は何でしょう、多分(色んな意味で)期待を裏切ると思います・・・
    文章gdgdですいません・・・!これからも頑張ります!

    2010/03/10 20:14:28 lunar

もっと見る

▲TOP