「幸せなボケ老人」 歌詞

投稿日:2018/12/26 22:37:26 | 文字数:746文字 | 閲覧数:317 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

まあ裏地だからぐちゃぐちゃでいっか
丸まった紙屑の横
段々と視界の端の方
皿が嵩んで行く
平坦な毎日が続いて
話す事もなくなって
気まずくなって
家を出るのだろうか

ずっと好きな物だけ食べて
そしたら早死にすんのかな
って思って歌って描いてりゃあ
それだけでいいや
僕が動けなくなって
何も生み出せなくなって
そしたら情けもなく
忘れておくれ

いつだって今に慣れ
青い青い空眺めてしまうの

二十で親を離れ
とりあえず生きて
気づいたら三十だ
それまでの記憶は
綺麗さっぱり覚えてません

朝陽が照らすシャッターのラクガキが
美しくて動いていた足が
止まって行く

僕が歌を歌ってる間
きっと世界は美しくて
空が青くて池には鯉が泳ぐだろう
僕が絵を描いてる間
きっと世界は美しくて
みんな笑って幸せに生きてるだろう

いつだって
変わって行ってしまう
だから思い出は美しいのだけれど
もう戻れないから
あの日を思って
あの日を歌ったって
今の僕はつまんないままだ
僕だけが楽しいだけだ

よく掻き混ぜてもよく掻き混ぜても
あれ?
全くもって泡立たない
僕の好きな音達よ

僕のパッとしない世界
みんなつまんない話で
笑って泣いて歌っている

「いやただ…なんかほら…」
食わず嫌いなのだろう
味わおうともしないで
好きな物だけテーブルに並べて

僕が歌を歌ってる間
きっと世界は美しくて
空が青くて池には鯉が泳ぐだろう
“My baby”
僕が絵を描いてる間
きっと世界は美しくて
きっとずっと

ずっと好きなもんだけ食べて
そしたら早死にすんのかな
って思って歌って描いてりゃあ
それだけでいいや
死んじゃったって

つまんない音が聴こえる食卓で
ゴミ屑並べて満面の笑みで笑う
僕がいた

絵描いたり音楽やったりしてます
http://www.nicovideo.jp/mylist/54581591

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP