貴方ノ素材で

投稿日:2009/06/24 21:33:45 | 文字数:414文字 | 閲覧数:114 | カテゴリ:歌詞 | 全3バージョン

ライセンス:

ちょっとというかだいぶ愛し方を間違ってしまったお話。
リンで書いたけれどルカのが合ってるかもしれない(´゜ω゜):;'.*:;

s から / までがサビの雰囲気だと思います。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

手錠と鎖に繋がれた
愛しい貴方は私ノ素材

全てを満たして 貴方ノ色で

貴方の腕に長い爪を立てて
零れてく純潔な赤色を私の長い爪に塗りましょう

s 染まってく赤色に 
私は微かな笑みを零す

綺麗に塗られた真っ赤なネイル
舐めれば小さな唇が貴方ノ素材に染まってく /

まだまだ足りない まだまだ必要
貴方ノ素材で私を染めてあげましょう

沸きあがる私の衝動はもう止められない

 
貴方の首筋に真っ赤な爪を立てて
零れてく純潔な赤色を私の体に纏わせましょう

s 染まってく全身に
私は心が満たされる

 綺麗に塗られた真っ赤な身体
舐めれば虚空な心が貴方ノ素材に染まってく /

まだまだ足りない 染まってない
貴方ノ素材で私を染めてあげましょう

いつしか貴方は動かなくなり
其の時初めて気づいた愚かさ
いつから私は狂ってしまったのでしょう?

私は私の首筋に真っ赤な爪を立てて
零れてく愚かさに私は涙を流してく

極稀に思い浮んだ歌詞を書いてます(´`)
得意な系統は狂愛やファンタジー等、今度こそは純愛を書くつもりです。

情景描写を上達してリアルさをもっと出したい…。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP