宙心

投稿日:2019/08/04 02:45:30 | 文字数:559文字 | 閲覧数:22 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

銀燭を纏う星夜と月夜
海の音に応えるように
キラキラと輝きだした
最深部に眠っていた記憶
碧紫の空にめがけ発信宙
呼吸届く距離は何とも言えない
分からないけど無事に着くって
信じて待っていたのに宛もない…

悲しさや孤独さを想いながら
ノクターンの曲を響かせよう
しみじみとした雨が頬伝った
ねぇあと何廻哭けばいいのだろ?



迷走した夜想の世界に
紛れ込んだ小さな蝶々
パタパタと飛び巡って
宙心部に開けなくなった
黒紫の窓に数センチだけ
近付きここから出ようとしてる
逃がしてあげたいのにできない
どうして欲のままに動けないの…

やるせなさと無力さが混じる
アンニュイな歌詞を書こうか
もどかしさが染み憑くノート
ねぇあと何廻叫べばいいのだろ?



「生きたい」「行きたい」期待した今日も…
泣きすがり付いたイタイほどに…
クラクラしてしまうほど喰らった
僕を僕で亡くす為に飲み込んだ…
ああもう虚無感以上に異常だよ…



悲しさや孤独さを奪って逝く
メロディーが身体を蝕み壊し
明日を眼で確かめることなく
願った自由は叶うことなく散る



生存きる意味を不確かながらに
そっとなぞって僅かばかりの命
保ちながら寄り添った小さな手で…

作詞をしています。未熟ですが、見てくださると幸いです。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【結月ゆかり】宙心

    by フニャンタさん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP