Aquele quarto(あの部屋)

投稿日:2020/03/15 02:45:37 | 文字数:283文字 | 閲覧数:29 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

失恋?をイメージした歌詞です.

もし気に入って頂いたら,歌ってみた等々お好きなようにお使い下さい.
(というかじゃんじゃん使って下さい!)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

僕の横で寝ている君を
愛しいと思うはずなのに
あの日明かりの付いた部屋で
君は何をしていたの?

流れ星に願いを込めて
君とずっと一緒にいられますように
それは願ったみたいだけれど
心までは縛れない

このまま時が過ぎて
見てみぬフリをするのも悪くはないけれど
君が泣き嘘を俺に見せると
少しでも焦っちまうんだよな-

明かりの付いたこの部屋で
僕には見せない甘美な声で鳴いた
初めて嫉妬と言う感情を覚えてしまったよ

ねえ,僕の事少しでも想うなら
今日大事な話があるんだ
見てみぬフリをしたかったけど
それはもう無理みたいだ

あの部屋の明かりを付けて待っててね.

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP