白に染まる

投稿日:2022/07/01 08:21:51 | 文字数:663文字 | 閲覧数:16 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

忘れられない記憶が今もあるんだ
僕の全てを蝕むような
探していた愛が理想からかけはなれていた
何もできないよ もう何もできないよ

僕を笑う人の群れ
嘲笑っては傷つけるように
泥だらけの鞄だけがトレードマーク
僕の居場所はどこにもなくて

ベランダに干された
ボロボロなスカート
小さな切れ込みが至る所にあって
いつかこの苦しみが終わると思って
願う度 壊れてゆく

最後にしてしまおうかな
カラスが鳴いていた
ナイフを持った
矛先がどこかへ向いていく

これは正しいことなんだ
誰も悪くはないんだ
君が償うべき罪を僕が教えてあげるから
黒く染ったナイフを持って
笑っていた顔は君にどんな風に見えた?
でも、僕は今以上に怖かった

あの日から全てが怖くなって
自分が仕出かした過ちに怯えていた
君がもう目覚めなければ
それでいいんだ
君の息の根を止めるのは何故か億劫だった

君を訪ねる人の群れ
来る人みんなが泣いていた
遠くから見つめるだけで
何故か痛くなった

狭い部屋の中では
僕は蹲るだけ
正しさなんてとうに忘れ去った
君が目覚めてくれれば
僕を罪を洗えるかな

これは間違えたことなんだ
僕は悪くは無いんだ!
僕が償うべき罪が今も目の前にあるから
黒く染まったナイフを持って
泣いていた顔はどんな風に見える
でも、僕はそれ以上に安堵していた

目が覚めたら隣には君がいて
どんな奇跡だって
いや悪運だったな
君が目覚めたら僕を見て
「ごめんなさい…」

許されないことだって理解している
だから僕も「ごめんなさい…」

音楽が好きです

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP