KAITOful☆days #11【KAITOの種】

投稿日:2010/09/18 20:33:50 | 文字数:2,967文字 | 閲覧数:165 | カテゴリ:小説

ライセンス:

「#09」からの3回は、『サイト観察日記』をコンセプトに「サイトの一日」をお送りしました。
最初は全部サイト視点でやろうと思ってたんですが、あまりのひらがな率に断念w うっかり兄さんにお願いしたら例によってマスターに走られてしまったので、今回はマスターにバトンタッチです。

今回はある意味、第2部のメインだったのではと思います。……無駄に広げた設定が勿体無かったので使ってみました(←『キャンディ』)
ちなみに今回、冒頭から数十行書いたところで没ってリテイクしてます。時間軸を動かさずに書こうとしたら説明臭すぎてやってらんなくなったので、力技で回想に持ち込みました。
というか、これ書く前に違うのアレコレ書いてた所為か、マスター視点の時の地の文が分からなくなってて焦りました;

一日分は終わりましたが、第2部はもうちょっと続きます。お付き合いいただければ幸いですm(__)m

 * * * * *
【KAITOの種 本家様:http://piapro.jp/content/aa6z5yee9omge6m2

 * * * * *
 ↓ブログで各話やキャラ、設定なんかについて語り散らしてます
『kaitoful-bubble』 http://kaitoful-bubble.blog.so-net.ne.jp/

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

サイトを我が家に迎えて、一月余りが過ぎた。種KAITOは謎がいっぱい……というか、もう何でもアリの不思議生物のようで、驚かされる事ばかりだ。
まぁそもそも、種がアイスをまるっと吸収して小さいKAITOになる時点でファンタジィな存在だけど。しかもウチのサイトの場合、まさかの飛び道具付きだったしね。
そうだ、あの『キャンディ』。飾りと見せかけて武器?!っていうのも衝撃だったけど、実はそれだけでは終わらなかった。あれは、サイトがウチに来て間もない頃のこと――。



 ・
 ・
 ・

「そういえばさ、種KAITOってお風呂入れていいのかなぁ」
事件(?)は私の、そんな一言から始まった。
だって気になったんです、外出とかしてるわけだし不衛生かなって! 一応、顔くらいは洗わせてるし、ボディシートで身体拭いたりはしてたけど。問題は、
「種KAITOが、というより、サイトが、大丈夫かですよね」
「だよねぇ、やっぱり」
どうなんだろう……という表情で顔を見合わせる私達。何しろサイトの髪は『キャンディ』付きなわけで、これって濡らしたり洗ったりしたらどうなるんだ。

「ますたー、ますたー。おふろ、ですー?」
カイトと考え込んでいると、当の本人がどことなく期待の篭った目で見上げてきた。小さな腕を目一杯こちらに差し出して、余った袖を揺らしてアピールしている風。……ふむ?
「お風呂、入りたいの? 入っても平気か、サイトは分かる?」
「はいです、はいるですー」
にぱ、と笑って嬉しそうに言われてしまっては、私に否やはなくなってしまう。本人がこう言うんだし、ここは思い切ってみようか。
「じゃあ、入ってみようか。えーとどうしよう、洗面台にお湯張る?」
「マスターが入れる気ですか? ……駄目ですよマスター。手乗りサイズとはいえ、サイトも男なんですから。俺と一緒に入ればいいでしょう」
「そう? それならお願いしようかな。溺れないように気をつけてあげてね」

と、いう流れで、カイトとサイトが浴室に入って間もなく。
「うわー!?」とか「えぇえ?!」とか聞こえてくるんですけど、何が起きてるのカイト?!
気が気じゃないけど、まさか(仮にも)男性が入ってるお風呂に駆け込むわけにもいかない。無駄にウロウロ歩き回ったりしながら待つ事、数十分。戻ってきたカイトが悄然としてて、ますます焦ってしまった。
「ちょ、カイト大丈夫? 何事?」
「あんまり大丈夫じゃないかもしれません……なかなかショッキングな事に」
言いながら、カイトは揃えた両手を差し出した。その上に乗せられたサイトに違和感があって、顔を寄せてまじまじと眺める。――数拍後。
「っぇえ?! サイト、『キャンディ』は?」
そう、サイトの髪を彩っていた赤や緑の粒が、きれいに無くなってしまっていた。これは、やっぱりお風呂はマズかった!?
慌てる私達、だけどサイトは気にした風もなく。
「へーきですー」
さっぱりした、という顔で、ひとり にこにこしていた。



翌朝、私達はまた驚きの悲鳴をあげる事になった。

「ま、マスター! 来てください見てくださいこれっ」
「朝から何事!? ……って、えぇー?」
カイトがずいっと私に示したのは、いつも通りの姿のサイト。
「『キャンディ』、復活するんだ……?」
「どういう仕組みなんだサイト」
「むー? むずかしーこと、わかんないですー」
くりくりの瞳で首を傾げて、サイトはあっさり片付けた。本人にも理屈は分からないらしい。
それにしても、一晩で復活するとは。他にも謎のギミックがあるんじゃないだろうな。
思わず訊いた私に、サイトは再び小首を傾げた。
「えっと、えーと……たべるの、へーきですー」
たべるです?と差し出された『キャンディ』を見つめ、受け取ろうとした手を遮って、カイトがそれを口に含む。
「あ、……どう?」
「パチパチ言ってますけど、痛いほどじゃないですね。普通に飴の味がします」
当たると痛いのに、食べるとただのパチパチキャンディなのか? うーん、謎だなぁ。



 ・
 ・
 ・

結局、謎は謎のまま。私もカイトも、種KAITOの生態については思考放棄し、『そういうもの』と呑み込む事にした。サイト本人が(理屈は分からないにしろ)把握してるようだし、まぁいいか、と。

「ますたー、おかえりなさいですー!」
「ただいま、サイト。お風呂入ったんだね。カイトに入れてもらった?」
「はいですー」
そんなわけで、仕事を終えて帰宅して、迎えに出てきてくれるサイトの髪に彩りが淋しくても、もう驚く事はない。むしろ、何事もなく仲良く留守番してくれてた事が判って、安心できるくらいだ。
「お帰りなさい、マスター。もう晩御飯できますよ」
「ただいま、カイト。ありがとう」
エプロン姿のまま顔を覗かせてくれるカイトに御礼を言って、着替える為に自室へ入る。可愛いサイトと優しいカイトと、美味しいご飯が待っててくれる家。……しあわせだなぁ。



夕食の後は朝と同じように皆で片付けて、それから30分ほどは歌の時間。ボカロ曲が中心ではあるけど、幼いサイトにはまだ歌い辛いようなので、童謡や唱歌も取り入れている。レッスンというよりは、皆で楽しく歌うのがメインだ。
サイトもやはり『KAITO』らしく、歌うのは楽しそう。あんなにミニマムな身体なのに歌声は伸びやかで、愛らしくも芯のある、見事な『歌』を聴かせてくれる。透明感のあるボーイソプラノはカイトの深みあるテノールと美しく重なり合い、子供の頃に歌ったのと同じ歌とは思えない響きを生み出す。流石は同じ『KAITO』だけあって、声の相性は素晴らしく良いみたい。

思わずうっとりと聞き惚れてしまいがちなんだけど、そうするとステレオでお呼びがかかる。
「マスター」「ますたー」
「マスターも歌ってください?」
「いっしょにうたうですー」
ね?と笑いかけられて、サイトが袖越しの小さな手で私の指を引いてくれて。あぁ、やっぱりしあわせ。
私も笑って、頷いて。ふたりの声に包まれて、最高に心地良い贅沢だなぁ、なんて思いながら、ハーモニーに溶け込んでいくのだった。



そうやってひとしきり3人で歌って、一休みにアイスを食べたら、そろそろサイトが舟を漕ぎだす。
「サイト、眠くなった? もうお休みしようか」
「ふみゅ……はい、ですー」
いつぞやの一騒動以来、サイトはすっかり聞き分けの良い子になった。カイトも心得たもので、うとうとしているサイトを柔らかな手つきで抱え上げる。
「お休み、サイト。また明日ね」
「はいです、ますたー。おやすみなさい、ですー」
カイトの手に抱かれたサイトの頭を指先で撫でるのが、すっかり定着した「おやすみなさい」の挨拶。ふにゃりと笑うサイトをカイトに任せ、その背中を見送るのもまた日課のひとつになった。



我が家にやってきた、小さい可愛い種KAITO。
『花咲ける人』の名のままに、毎日を彩ってくれる君。
いろいろと至らないところも多いマスターだけど、こうして貰った『しあわせ』を少しでも君にも感じてもらえるように頑張るよ。
カイトと3人で、明日も一緒に。たくさん歌って、たくさん笑おう。

【お知らせ】テキスト投稿が非常に使い辛いため、こちらでは歌詞や音源のUPとコラボ関係のみに縮小、以後の小説投稿はすぴばる&ピクシブへ移行します。

■小説メイン時々歌詞な字書き……だった筈が、動画編集やボカロ調声、作曲にまで手を出してます。どうしてこうなった。

□ブクマやコメント、有難うございます! 転げ回るほど嬉しいですヽ(*´∀`)ノ
□オールキャラ書くけど9割KAITO。
□使えるものがあればお気軽にどうぞ。使用報告だけお願いします^^ 歌詞については、良識の範囲内であればアレンジや部分使用など改変していただいて構いません。多忙な時期でなければ、ある程度の調整も承ります。

■シェアワールドコラボ主催してます。参加者様募集☆ http://piapro.jp/collabo/?id=15073
■ブログなど
・『藍色書棚 -アオイロショダナ-』http://ioliteshelf.blog.so-net.ne.jp/ (投下テキストのシリーズ別リンク)
・【pixiv】http://www.pixiv.net/member.php?id=2555381
・【ニコニコ動画】http://www.nicovideo.jp/mylist/29644728
・【VCLFAN.NET】https://vclfan.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=46
・【ツイッター】http://twitter.com/y_airu

もっと見る

作品へのコメント2

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    こんにちは。しーちゃん改めサイトくんをこっそり追いかけて、ここまで来ました。
    まさか、髪のキャンディが「ぱちぱち味」だったとは……!
    この話に来て一気に和みました。藍流さまの小説の食べ物は、いつもおいしそうでたまりません☆
    大きいKAITOとちびちゃんと、その間に挟まれてほんわかと苦労するマスターと。
    10年前くらいにあった「ツインシグナル」というロボットまんがを思わせて、なんとも懐かしい気持ちになりました。

    では、これからも楽しみに読みすすめていこうと思います☆

    2011/07/03 15:35:11 From  wanita

  • userIcon

    メッセージのお返し

    いらっしゃいませ、wanitaさん。コメントありがとうございます!

    種っ子は植えたアイスをどう設定に反映させるかを考えるのも楽しくて、『キャンディ』は二重三重に仕込んでみました。
    和んでいただけて嬉しいです^^
    ツインシグナル、私も読んでました!
    「大きいKAITO」って言い方、なんかいいですねw ほのぼのします☆

    この先もおつきあいいただけるようで、ありがとうございます。
    楽しんでいただけると幸いです?^^

    2011/07/04 03:22:02 藍流

  • userIcon

    ご意見・感想

     こんにちは。先日はコメントありがとうございました! ずっと放置だったのに先にいただいてしまうとは面目ない;;

     KAITOfullの兄さん、すっかりお兄ちゃんになって微笑ましいですね(*´∀`*) ヤンデレ感がだいぶ抜けた気がします。マスターラブとうろたんは健在のようですがw
     サイトと仲良しになった様が分かりやすく、読んでいてほのぼのしました。…サイトにはまだ『大きいの』呼ばわりされてますけどww サイト視線の『大きいのはいいです』に笑ってしまいましたww

     KAosの兄さんも超純情、でもなんとな~くヤンデレフラグの匂いが…というさじ加減が絶妙で美味しい…ゲフンゲフン! 上手いなと思いました。この先どうなっていくのかとても楽しみです!
     あと言うべきかどうか迷いましたが…サイカさんが私の好みのド・ストライク(殴 常に明るい上に思慮深く、素直にお礼とか言える良い娘なんて素敵すぎる!是非兄さんとセットで嫁にk(撲

     では、そろそろ語りすぎて収拾がつかなさそうなので失礼いたします。次回がどっちになるか楽しみに待ってます!

    2010/09/22 12:12:13 From  秋徒

  • userIcon

    メッセージのお返し

    こんにちは、コメントありがとうございます!
    面目ないだなんて、とんでもないですよ! コメント戴けるだけで有難すぎますから!!
    あと私が(早かったのは)ネットに張り付きすぎな所為ですw

    『KAITOful?』の兄さんは、私も予定外で「あれれ…?」な感じです。ここまで『お兄ちゃん』になろうとは。
    たしかに最近、ヤンデレ成分は薄くなりましたねー。たまには入れたいなーと思ってはいるのですが、ワンパターンにならずに入れるのは難しくて; つまり私の技量の問題…orz
    サイトの『大きいのはいいです』に笑っていただけて良かった! あれは私も書きながら「サイト ヒドスw」と思ってましたw

    『KAos?』の方も読んで頂いて、ありがとうございます! 美味しく読んでいただけて嬉しいですw
    來果はコメントくださる方々に人気ですね?! 嬉しいです(親馬鹿w)
    彼女もあれで内面は色々考えてるので、本当はそこも書けたらいいんですが…視点がカイトですしね;
    一応、終わりの方で少しフォローできる予定でいますので、お付き合い頂ければ幸いです^^

    2010/09/22 18:32:42 藍流

オススメ作品10/21

もっと見る

▲TOP