思春期の歌声【リンとレン】

投稿日:2010/01/13 23:42:24 | 文字数:2,935文字 | 閲覧数:1,478 | カテゴリ:その他

ライセンス:

シグナルP様の「アドレサンス」を聴き続けている内に書きたくなってしまったものです。
イメージをいただいたものであって、解釈小説とかではありません。
素敵な曲を作ってくださったシグナルP様に感謝! です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「…レン?」
 双子の弟の名前を呼びながら目を覚ます。あるはずの亜麻色が見当たらない。隣で寝ているはずのレンがいない。
「レン…?」
 真夜中。外には半月。布団には私の温もりしか残っていない。
「レン…っ」
 跳ね起きた。慌てて部屋を飛び出す。
 着慣れないドレスの裾がまとわりついてくる。肩を露わにして首の後ろで紐を結ぶ、まさに女の子用のドレス。
『リンもそろそろ、こういう服を着なさい?』
 笑顔のママに渡されたそれは、レンの傍に行くのを邪魔する枷にしか見えない。
「あああもうっ!」
 思わず脱ぎ捨てたくなるのは何とかこらえて、裾を勢いよく裂く。ママに知られたら怒られるだろうな、と考えたのは一瞬。
 邪魔にならないように破いた裾を結び、改めて走り出す頃には、レンのことで頭が一杯になっていた。

「…リン」
 双子の姉の名前を呼びながら空を見る。今はない亜麻色から目をそらすように。リンは今頃目を覚ましてしまっているだろうか。
「リン…」
 真夜中。空には半月。いつもなら隣ではしゃぐ存在は今はない。
「リン…っ」
 一緒ではいられない。僕は男でリンは女で。ずっとずっと一緒、なんて。
 …それは、ただの、はかない夢。
『レンもそろそろ、姉離れした方がいい』
 真顔のパパに言われたその言葉があまりに痛くて、重くて。
 ずっと一緒にいたかったのはきっと僕の方だと痛感した。
 肌を露わにした盛装のリン。包み隠すようなスーツ姿の僕。…その違いを「寂しい」なんて思っては駄目なんだろうけれど。
 すうっと夜の空気を吸い込む。
 何かのカタチで吐き出さないと、僕の中は一杯になって、壊れてしまいそうな気がした。

 予想通りの場所にレンはいた。
 パパやママは来れない場所。裏庭の狭い木々の隙間を抜けた先の、ちょっとした広場。
 月の光が柔らかく降り注ぐその場所の中心にレンは立っていた。
 嬉しくなって呼びかけようとした瞬間、声が降り注いだ。

 吐き出す、叩きつける。…歌にこんな思いを込めたのは初めてかもしれない。
 小さな頃から歌うのは好きだった。リンと一緒に高らかに歌い上げると気持ちよかった。
 でも、声が緩やかに変わり始めているのに気付いて、一緒に歌わないようにした。
 …離れていく声が、何よりも寂しかったから。

 はじけるような黄金色の光を見た気がした。
 光なんて月明かり星明り以外にはないはずなのに。
 そんな夜の背景に浮かぶレンはとてもまぶしくて。
 …こんな『男の子』を私は知らない。
 だって、どう見ても…、私と間違われるくらい似てた『レン』じゃない。
 すっくと立つ背。私が見上げるようになったのはいつからだった?
 甘さの残るボーイソプラノ。私が真似出来ない声を出し始めたのはいつから?
 …こんなにも、こんなにも、レンと私は、遠くなった。
 出そうとしていた声が止まる。手も伸ばせない。身体が動かない。
 ただ、必死で、レンの声を、レンの歌を、追う。

 鮮やかな青の空に伸びる黄金の向日葵。
 瞼の裏にはっきりとそれを描く。
 嬉しそうにはしゃぐリンはとてもまぶしくて。
 …そんな『女の子』を僕は良く知ってる。
 そう、どう見ても、僕と間違われてるくらい似ていた『リン』じゃない。
 抱きつく身体。柔らかく感じられるようになったのはいつからだった?
 涼やかで甘いソプラノ。僕では決して出せない、届かない声になったのはいつから?
 …こんなにも、こんなにも、僕とリンは、遠くなった。
 追いつきたくて高音を搾り出す。音がかすれる。喉がひりつく。
 でも、必死で、リンの声を、リンの音を、追う。

 堪えきれなくなって唇を開いた。レンの音を実際に私の声で追いかける。声は涙でかすれていた。
 最初は小さく、かすかに、レンには聞こえないように。
 ゆっくりと喉が開いていく。
 歌うのは好き。レンと歌うのが一番好き。
 声が広がるのが止められない。レンと響き合うこの感覚。思いがあふれ出す。

 かすかに聞こえるそれを、最初は幻聴だと思った。想像上のリンの声を追い続けていたから。
 揺れる声に、どう合わせようか考えながら、歌うことは止めない。
 ゆっくりと音が馴染んでいく。
 素直で朗らかな声。リンと歌うのが一番好きだ。
 本当に声が聞こえてきているのだと気付く。リンと響き合うこの感覚。思いがあふれ出す。

 どうして、一緒に居られなくなるの?

 どうして、一緒に居られなくなるんだ?

 命すら分け合って生まれて来たのに。

 全てを同じくして生まれて来たのに。

 離れなくてはならないのは、何故?





 一体どのくらい歌ったんだろう。泣いた直後に思いっきり歌ったりしたから、喉が痛い。
 歌うのをやめて振り返ってくるレンの瞳に私が映る。

 一体どのくらい歌っただろう。無理やり高音を歌い上げ続けたから、喉が痛い。
 歌うのをやめて振り返って見つけたリンの瞳に僕が映る。

 それはまるで歪んでしまった鏡。
 歪まなければ一緒にいられたのかな。これから先もずっと。
 おそるおそる「鏡」に手を伸ばす。これ以上、歪まないように、と願いながら。

 それはまるで歪んでしまった鏡。
 歪んでしまわずにはいられないだろう。これから先もずっと。
 そっとそっと「鏡」に手を伸ばす。これ以上、傷つかないように、と願いながら。

 触れ合った違う大きさの手に息を飲む。泣きそうになるのをぐっとこらえた。
「…わざわざ探しに来なくても」
 見つめ合ったまま、小さくレンに呟かれて言葉を探す。

 触れ合った違う大きさの手を握り締めた。震えを少しでも止めるために。
「…だって、レンが、いなかったから…」
 見つめ合ったまま、小さくリンに呟かれて言葉が消える。

 長い沈黙が息苦しい。見つめ合う瞳が痛い。
「レン…」
 私の手を握って離そうとしないレンに呼びかけると、目線がそらされた。
「そろそろ寝ないと。部屋まで送るよ」
 レンに手を引かれて、私は、のろのろと歩き始める。
 もう一緒に寝ることも出来ないなんて。
 どうして育ってしまうんだろう。どうして未来へ向かって歩かなくてはならないんだろう。
 家に入りながらそっと空を見上げる。
 …ねえ、神さま。

 重い沈黙が息苦しい。握り合う手のひらが熱い。
「リン…」
 僕の背を見つめてついてきているリンに呼びかけると、強く手を握られた。
「ひとりでいると、…おばけが怖くって」
 リンにそう言われて、僕は、その手を強く握り返す。
 もうずっとそばにいてあげることは出来ない。
 どうして変わってしまうんだろう。どうして未来へ向かって進まなくてはならないんだろう。
 部屋へ導きながらそっと無言で祈る。
 …ああ、神さま。



 どうか今のままで、このままで、時を止めて。
 …それが叶わないのなら、せめて。
 ずっと同じものを積み上げてきた片割れと共に、ずっと一緒にいると約束した片割れと共に、もう少しだけ。
 この手を離しても大丈夫だと思えるまでの時間を、下さい。

VOCALOID好きな文字書きです。のんびりマイペースにやっていきます。



年長組…KAITOとMEIKOが大好きです。
でも、ミクもリンレンもルカもがくぽもぐみも好きなんです。
…投稿作品を見ると偏りっぷりが分かると思います(苦笑)。

文章を書くと何かとカイメイになるおかしな回路の持ち主です。
最近はリンレン(レンリン)が書けそうに思えてきました。
誰かのイメージの種にでもなれば良いなと思って書いております。


後、一応、KAITOとMEIKOのマスターではありますが、技術的には日々精進中です。


万が一、こんな辺境文字書きに何かお話がありましたらこちらへどうぞ。
ブログ:http://nightwindwing.blog76.fc2.com/

とうとうTwitterで呟くことも覚えたようです。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP